2014年10月15日

矯正医師 武内利香

 矯正医師 武内利香
経歴
1993年 鶴見大学 卒業
1993年 鶴見大学 予防歯科学教室 入局
1995年 3月 鶴見大学 予防歯科学教室 退局
1995年 4月 神奈川歯科大学矯正科 入局
2002年 日本矯正歯科学会認定医 取得

現在に至る

矯正認定医とは?
「矯正医選びの基準はなんですか?」
というご質問を、患者さんから受けることがあります。通院のしやすさや医院の印象など、色々な条件がありますが、一つの目安として、「日本矯正歯科学会の認定医」であることが挙げられると思います。

「日本矯正歯科学会」とは、矯正歯科医にとって最も権威ある学会です。矯正医の技術力に応じて「認定医」などの資格を与えています。


認定医として認定されるには?
認定医とは、矯正歯科専門医の技術レベルを評価した基準の一つです。一定水準以上の学術知識と技術レベルを有するものが、"認定医"の資格が与えられます。その基準は厳しく、様々な条件をクリアしなければなりません。

1)日本矯正歯科学会に5年以上の在籍
2)学会が指定する大学の附属病院や矯正歯科医療機関で5年以上の臨床経験が必要
3)歯科矯正臨床の論文を提出する

"認定医"の資格が与えられるのは、これらの条件をすべて満たし、審査に合格したドクターだけです。更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席や臨床発表、および学術誌における報告が義務づけられています。現在、国内の"認定医"は2,500名。この数字は、国内の矯正歯科医の約1割に相当します。

歯科医師 非常勤 

経歴・資格
神奈川歯科大卒
日本歯周病学会会員

2014年10月 9日

糖尿病ですが、インプラント治療はできますか?

糖尿病は一般的には、インプラント治療はできないとされています。しかし、医師の管理のもとで、コントロールされている軽度の糖尿病の方は治療を受ける事ができます。

ただし、患者さんによって症状が違いますので、ご相談の上最適な治療法を提案いたします。

2014年10月 6日

小冊子「大切なのは、キレイな口元にすること」

大切なのは、キレイな口元にすること。
そして、その見た目も健康も維持すること。

小冊子「大切なのは、キレイな口元にすること」

目次
・はじめに

武内歯科医院 自信の治療内容
・矯正歯科
・子どもの矯正について
・大人の矯正について
・審美歯科

美しさを実現する治療
・ホワイトニング
・アンチエイジング

治療について
・治療の流れ
・マイクロスコープとは?
・一般治療
・予防歯科
・インプラント治療
・歯周病治療
・根管治療とは

医院について
・ごあいさつ
・院内ツアー
・医院案内

小冊子「大切なのは、キレイな口元にすること」

リンク

日本顎咬合学会
臨床歯科医学・医療にたずさわる専門医師の集まりの学会です。

横浜歯科臨床座談会
日本で一番歴史のある臨床座談会です。

協和デンタルラボラトリー
専門チームを持った歯科技能集団です。

デンツプライIH株式会社
歯科医療の現場に最新技術の器材を提供しているメーカーです。

株式会社モリタ
歯科診療設備や歯科情報処理システムを開発、販売しているメーカーです。

Sirona - The Dental Company
ドイツの歴史ある歯科用機器専門メーカーです。

株式会社 白鵬
米国ジンマーデンタル社の製品を輸入、販売しているメーカーです。

株式会社コアデンタルラボ - 審美歯科技工所
横浜市港南区にある歯科技工所様です。

コラボカラーズ
横浜の女性セラピストを応援するサイトです。

採用情報 私たちと一緒に働きませんか

採用情報
歯科医師・歯科衛生士を募集しています
JR磯子駅から徒歩3分の、駅から近く働きやすい職場です。
働きやすい環境で、あなたのスキルアップを全力でサポートいたします。私たちが親切・丁寧に指導いたしますので、未経験の方や、ブランクのある方もお気軽にご応募ください。
あなたの明るい笑顔で、患者さんを元気にしてあげてください。ご応募、お待ちしております。

当院の特徴をご紹介します
(1)治療内容が幅広いのでスキルアップできる環境です。
一般歯科、矯正治療、予防歯科、マイクロスコープを使った治療など、幅広い治療内容です。特に、予防・歯周病治療に力を入れている為、スキルアップできる環境です。

(2)ブラッシング指導・カウンセリングに力を入れています。
患者さんにとってベストな治療を行うことをポリシーとして、すぐに治療に入るのではなく、まずはカウンセリングで患者さんの状況を把握してから治療を進めています。患者さんの声にしっかりと耳を傾けること、患者さんが相談しやすい雰囲気づくりを大切にしています。

(3)スタッフ同士のチームワークを大切にしています。
院長とスタッフ、スタッフ同士の信頼関係が作られて、和やかな医院であれば、患者さんにもそれが伝わり通っていただけると思います。当院では、スタッフ同士の仲が良く、他人に対する思いやりを持って働いています。

歯科医師・募集要項

募集職種 歯科医師
雇用形態 正社員、非常勤
仕事内容 歯科医師業務
勤務先名称 武内歯科医院
住所:神奈川県横浜市磯子区森1-11-4 パシフィック磯子マンション101
MAP
交通手段 JR磯子駅より徒歩3分
給与 給与形態:月給制(正社員)、時給制(パート・非常勤)
月給:25万円~(正社員)
日給:16,000円~(非常勤)
諸手当:交通費(全額支給)
補足:前職、経験などを考慮の上、優遇します。
休日休暇 休日:週休2日制(日・月)、祝日、年末年始、夏期、GW
勤務時間 火曜日~土曜日 [午前] 8:30~13:00  [午後] 14:30~18:30
保険 健康保険、雇用保険、労働保険
退職金制度 あり
転勤の有無 なし
平均患者数 約15人/日
その他 研修制度あり
応募方法 下記宛にお電話ください。面接日程などをご案内いたします。
面接時は、履歴書と職務経歴書をご持参ください。

電話番号:045-761-2300(火~土 9:00~18:00)
担当者:武内 清隆

歯科衛生士・募集要項

募集職種 歯科衛生士(若干名) 受付歯科助手(若干名)
雇用形態 正社員(歯科衛生士、受付歯科助手)、パート・非常勤(歯科衛生士)
仕事内容 歯科衛生業務、予防歯科、歯科医師アシスタント、院内清掃、他
勤務先名称 武内歯科医院
住所:神奈川県横浜市磯子区森1-11-4 パシフィック磯子マンション101
MAP
交通手段 JR磯子駅より徒歩3分
給与 給与形態:月給制(正社員)、時給制(パート・非常勤)
月給:23万円~(歯科衛生士)
時給:1,300円~(歯科衛生士)
月給:18万円~(受付歯科助手)
諸手当:交通費(全額支給)、残業手当
昇給:年1回
賞与:年2回(正社員1年目より)
補足:前職、経験などを考慮の上、優遇します。
休日休暇 休日:週休2日制(日・月)、祝日、年末年始、夏期、GW
勤務時間 火曜日~土曜日 [午前] 8:30~13:00  [午後] 14:30~18:30
保険 健康保険、雇用保険、労働保険
退職金制度 あり
転勤の有無 なし
平均患者数 約15人/日
その他 研修制度あり
応募方法 下記宛にお電話ください。面接日程などをご案内いたします。
面接時は、履歴書と職務経歴書をご持参ください。

電話番号:045-761-2300(火~土 9:00~18:00)
担当者:武内 清隆

診療カレンダー

受付

受付

治療についての疑問や質問、治療費についてのご相談などがありましたら、スタッフまで、お気軽にお申し付けください。

待合室

待合室

診療が始まるまでのひと時、ごゆっくりとおくつろぎください。

診療室

診療室

診療台にはテレビモニターを設置していますので、その場でレントゲン写真をお見せしながら説明いたします。最適な治療計画を立て、ベストな治療を進めていくためには、患者さんとのコミュニケーションが重要だと考えております。

マイクロスコープ
診療室治療の精度を高めるために、最新の医療用マイクロスコープ(顕微鏡)を導入しています。最大20倍に拡大でき、肉眼では見逃されてしまうような微細な症状も確認することができます。

滅菌対策

感染対策感染対策

当院は、万全な滅菌対策のもと、滅菌装置で治療器具を消毒しています。また、感染対策にも充分配慮し、うがい用のコップやエプロンは、使い捨てできるディスポーザブル製品を使用しています。

"患者さんにベストな治療を"常に探究心を持って全力投球

こんにちは。武内歯科医院の院長・武内清隆です。
 院長あいさつ

患者さんとお話ししていると「歯の治療は、どこの歯医者さんも同じですよね」という質問をいただくことがあります。しかし、「歯や口腔内環境は一人ひとりの個性と同じで、それぞれ異なる」ことを知っている、我々、歯科医師から見ると、実は、同じとは言えません。

歯の残存数、過去の治療歴、歯並びや咬み合わせ、歯ぎしりや咬合の強さ、生活環境や生活習慣、唾液の性質や細菌の量など、その他にも、治療に当たって私たちが考慮する要素は多くあります。

これらを考慮し、さらに治療後10年先、20年先の予後を考えて治療を行っていく歯科医療には、学識や診断力、手技や治療設備、経験や構想力、患者さんの背景や要望をじっくりと傾聴するコミュニケーション、そして、「真摯さ」という仕事姿勢など、歯科治療に違いを生む要因は多く存在します。

これらの事を念頭に置き、私たちのクリニックでは「常に、患者さんと真摯に向き合う治療」「常に、ベストは何かを追及する治療」に挑んでいます。

私たちは、平均的な日本人が60歳以降多くの歯を失っていく中でも、当院に来院した患者さんは60歳以降も歯を失わず、一生涯自分の歯で、快適な人生を楽しめることを願い、マイクロスコープなどの最新機器の導入や最新技術の習得をし、飽くなき探求心とこだわりを持ち続け、常に全力投球で治療に挑み続けます。

患者さんへの治療説明はしっかり行うのがモットー

 武内先生あいさつ治療を始める前は、何かと不安がつきものですよね。まずは、思いつくすべてのお悩みをお話しください。治療する部分や治療内容・期間・費用に至るまで、どんな些細なことでも結構です。

患者さんのご要望を知り、診査結果を踏まえた上で、基本に忠実な治療と予防を行うために、患者さんの言葉にじっくりと耳を傾けます。

当院のこだわりは、"ご自身の状態をわかりやすくお伝えすること"です。治療が必要な理由や治療方法など、37インチのモニターをお見せしながら、ご理解いただけるまで「なぜ必要なのか」を説明いたします。

たとえば入れ歯治療では、数パターンの入れ歯を写真でお見せしながら、患者さんに選んでいただき、ご納得された上で決定いたします。患者さんのご理解なくして、満足のいく治療はできません。

当院では、説明をしっかり行うことがモットーであり、予防指導に力を注いでおります。

自分の歯で少しでも長く過ごすための治療を

 先生あいさつ私は横浜市磯子区で三代にわたり歯科治療を行ってきました。開院からすでに40年近く経ちますが、地域に密着した歯科医院を目指しています。

当院は、お口の中の健康とお口周りの美しさをトータル的に考えた治療を心がけています。歯科医院の目的は、虫歯・歯周病の歯の治療です。しかし最も力を入れるべきことは、虫歯や歯周病にならないための予防指導だと考えます。

プラークコントロールや歯の健康診断を定期的に受けることで、大切な歯を守ることができるのです。丈夫で健康な歯は、何でも美味しく食べることができ、いつまでも若々しい口元と笑顔を保つことができます。

当院の指導で、ご自分の歯で末永く健康に生き生きとお過ごしいただきたいと思っています。

経歴

 院長 武内清隆1994年 東京歯科大学卒
2000~2001年 聖路加病院 口腔外科研修

【取得資格】
2006年 日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医
2005年 日本顎咬合学会 一般口演優秀発表賞受賞


 院長 武内清隆
【所属学会】
日本顎咬合学会

JCPG
日本顕微鏡歯科学会
日本歯周病学会
日本歯内療法学会
Club JIADS

【論文】
2005 年 日本顎咬合学会誌 噛み合わせの科学 25巻
 『機能的な歯列構築への追求』
2005年 JCPG会報 
 『エムドゲイン ゲルを用いた歯周治療』
2013年 日本歯科評論誌 3月号
 『IPS e.max臨床応用のポイント』

【学会誌】
2005 年 日本顎咬合学会誌 噛み合わせの科学 25巻
 『機能的な歯列構築への追求』

サーティフィケート

サーティフィケート サーティフィケート
サーティフィケート サーティフィケート
サーティフィケート サーティフィケート
サーティフィケート サーティフィケート
サーティフィケート サーティフィケート
サーティフィケート サーティフィケート
サーティフィケート サーティフィケート
サーティフィケート サーティフィケート
サーティフィケート サーティフィケート
サーティフィケート サーティフィケート
サーティフィケート サーティフィケート
サーティフィケート

しばらく通院できなくても大丈夫ですか?

矯正歯科治療は長期間かかりますから、その間に都合によりしばらく通院できなくなってしまうこともときにはあると思います。

たとえば出産やけがのための入院や、短期間の留学や受験で忙しいなどです。そのような場合でも、しっかり歯磨きをしていれば特別問題はありません。ただし、その間は治療の進行が遅くなります。

もしも矯正装置が壊れてしまったときには、何らかの応急処置が必要になる場合があります。その際にはスグにご連絡ください。

ブリッジや差し歯があります。矯正歯科治療はできますか?

差し歯は問題ありませんが、ブリッジの歯を動かす必要がある場合、一度ブリッジをはずし、1本1本の歯に装置を付けることがあります。

ただし、天然歯(治療をしていない歯)と比べて接着剤がつきにくいため、何度か治療途中で矯正装置がはずれてしまう可能性があります。はずれたときには再度接着剤でつけ直せば問題ありません。

矯正歯科治療中の歯磨きは大変ですか?

歯に何もつけない状態と比較すると歯磨きは大変になります。矯正装置を付けることで歯が磨きにくくなるため、虫歯や歯周病といったお口の中の病気になる方もいらっしゃいます。

目立たない矯正器具はありますか?

歯の色に近い矯正装置や透明な矯正装置なら、あまり目立ちません。また歯の裏側に装置をつける方法もあります。

矯正歯科治療中に妊娠しても大丈夫ですか?

大丈夫です。つわりが激しい時期など長時間の診療や通院が難しいこともありますが、治療自体が問題になることはありません。

しかし、レントゲン写真をとることはできるだけ避けたほうが安心です。当院では最新のデジタルレントゲンを導入しており、従来のレントゲンに比べてX線量が10分の1程度で済みますが、妊娠の可能性がある場合は必ずご申告ください。

矯正歯科治療後、もとに戻ったりしませんか?

すべての患者さんは、矯正装置をはずした後に保定を行う必要があります。装置をはずした直後の歯はかなり動揺していますので、きちんと保定を行わないと歯が動き出す場合があります。

通常、この保定には保定装置(リテーナー)という後戻りを防止する装置を用います。この装置をきちんと使用することも矯正歯科治療の大事な一部です。

保定期間は、最低でも歯を動かしたのと同じ期間、できれば2年は必要です。その後も、正しい噛み合わせを維持するためには、年に1回の定期検診を受けることが大切です。

矯正装置をつけたままスポーツや楽器の演奏はできますか?

出来ますが注意が必要な場合があります。まず、トランペットのように唇にマウスピースを押しつけるタイプの楽器は、表側に矯正装置がついていると痛いことがあります。また、スポーツでは格闘技が要注意です。

こういった場合は、装置をガードする歯科用マウスピースを使って対応することができますので、治療前にご相談ください。

矯正装置を着けたら、食べ物の制限はありますか?

キャラメル、ガム、グミなどが引っ掛かり、ワイヤーが壊れてことがありますので控えたほうが無難です。

矯正装置が壊れたらどうすればいいのですか?

装置が壊れた、外れた場合は、なるべく早くご連絡ください。次回のお約束日にでも大丈夫な場合と、至急処理する必要がある場合があります。

矯正装置は入れ歯などと異なり、治療期間内にだけ効果を発揮する器具です。耐久性を求めることが目的の装置ではないので、治療中に壊れてしまうことがあることをご理解ください。

矯正歯科治療中の痛みはどの程度ですか?

痛みがまったくないとはいえませんが、想像されているより痛くありません。ブラケットにワイヤーを装着すると、持続的な力が歯にかかります。

歯が動く時には、骨の中の歯根周囲で炎症反応が生じ、それが痛みの原因となっています。そのとき、虫歯の痛みと違った歯が浮くような感じがする場合や、物をかむときに鈍い痛みを覚えることがあります。

この痛みは数日続くことがありますが、1週間くらいで消失します。当院では治療初期には極めて弱い力で歯を動かしますので、炎症の度合いが少なく、あまり痛みを感じることはないでしょう。痛みの感じ方は個人差がありますが、実際に当院に通院中の方の中には、全く痛くないですと言われる患者さんもたくさんいらっしゃいます。

また、痛みの原因のひとつである「バンド(奥歯に固定する金属の装置)」は、当院では一切使用しません。これも痛みを減らすことができた大きな要因です。

矯正歯科治療中に引っ越した場合は、どうすればいいですか?

当院へ通院していただくことが不可能な地域への引っ越しでしたら、引っ越し先近隣の矯正歯科医院への継続治療の依頼をしております。

矯正歯科の治療期間と通院間隔はどれくらいですか?

治療の難易度、歯の動き方の個人差にもよりますが、通常の治療方法で平均1半年~2年くらいが一般的な治療期間です。通院ペースは1ヵ月に1回が平均的です。

矯正歯科治療では抜歯が必要だと聞いたのですが......

治療上必要があれば抜くことはあります。

出来る限り歯を抜かないで治療することは、矯正医も患者さんも気持は同じです。あごを横にひろげたり、歯を後ろに動かしたり、歯の幅をせまくしたりすることで隙間を作ることが出来る場合は、歯は抜く必要がありません。

しかし、隙間を作れなかった場合や、口元が前に出ているのを改善したい方は、抜歯が必要な場合もあります。

矯正歯科の治療費も医療費控除の対象になりますか?

子供:認められます。
成人:当院では、診断時にお渡しする治療計画書のコピーを控除申告時に添付していただいております。

詳しくは、国税庁のHPをご覧ください。

国税庁HP:http://www.nta.go.jp/

●医療費控除を受けるための条件は?
医療費控除は、1月1日~12月31日の1年間に支払った医療費が10万円を越えた場合の超過分に対して適用されます。ただし、年間所得が200万円未満の場合、所得×5%を基準として超過分に対して適用されます。

上の前歯の並びだけが気になるのですが、部分的な矯正はできますか?

はい。当院では部分矯正も行っています。

とはいえ、部分矯正と言っても、問題がある歯のみに装置を付けて歯を動かすことはできません。全体の噛み合わせを考えて、装置をつける箇所を判断する必要があるからです。どの程度装置を付ける必要があるのか、治療期間にも個人差があることをご了承ください。

矯正歯科治療は何歳まで受けられますか?

矯正に年齢制限はありません。

歯周病のように歯がグラグラになっていない限り、何歳でも治療は可能です。ただし、悪い噛み合わせを何十年も放置していた結果、治療が難しくなる場合もありますので、できるだけ早く治療を開始することをお勧めいたします。

表側矯正と裏側矯正の違いは何ですか?

歯を動かすためのブラケットという装置を、歯の表側につけるか裏側につけるかの違いです。

治療中の見た目をどの程度求めるかによって、表か裏かをお選びいただけます。どちらを使っても、治療期間や仕上がりに大きな違いはありません。とはいえ、費用面は、裏側矯正の方が高いことの方が多いです。

以前は表側(唇側)矯正に使うブラケット素材が金属だったので、歯が見えた時にはギラッと装置が目立ちました。そのため、矯正歯科治療中の審美性を求められる方は裏側(舌側)に装置をつけるしかありませんでした。

しかし、ブラケットの開発は日々進化しており、現在では表側(唇側)矯正でも歯の色にそっくりで、変色もしないセラミックブラケットが主流となりました。しかし、やはり表側に装置が付くことにどうしても抵抗がある場合は裏側(舌側)矯正が有効です。

裏側からの矯正は、以前はしゃべりにくい、舌が痛い、食べ物が詰まる、歯磨きがしにくいなどの問題がありましたが、現在は装置の進化に伴い、ほとんど気にならないレベルになりました。また、虫歯になるリスクが1/4、虫歯の重症度が1/10というヨーロッパでの報告もあります。

治療期間や仕上がりは、表側と裏側の差ではなく治療前の噛み合わせの状態に左右されると考えられますので、見た目と費用のご希望に合わせて表か裏かを選択できます。

いま虫歯があります。一緒に虫歯の治療はできますか?

まず虫歯治療を行う必要がありますので、一般歯科医院をご紹介しています。また虫歯がみつかった場合、矯正装置を付ける前に虫歯を治療する必要があります。

当院は矯正専門の歯科医院であるため、虫歯治療は行っておりません。患者さんのかかりつけの歯科医院あるいは、当院が信頼できる歯科医院をご紹介して治療していただきます。これは抜歯に関しても同様です。

当院で虫歯治療を行わない理由は、日々虫歯治療を行っている歯科医にお願いするほうが、患者さんにとってメリットが大きいと考えているからです。

治療内容によって、その道のプロにお願いすることが、患者さんにとって最善の治療法だと思います。内科の専門医が心臓外科手術を行わないことと同じだとイメージしていただければわかりやすいかと思います。

歯周病はどうやって治すのでしょうか?

歯周病が進行し溶けてしまった骨は戻すことができません。とにかく症状を悪化させないようにすることが大事です。

歯周病の原因は何よりも歯垢です。歯周病になってしまった際には、根源である歯垢=細菌をいかに減らしていくかが重要なポイントです。細菌を減らすためには、まずご自身の毎日のブラッシングによって今以上に細菌を増加させないことが大切です。

歯周病はどのように予防するのでしょうか?

歯周病を予防するためには、何よりもまずプラークコントロールが不可欠です。歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。

歯の上側の歯垢は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯肉の内側深く入り込んだ歯垢は、ご自身で除去できないため歯科医院にて清掃を行う必要があります。ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。

歯周病とは、どんな病気なのですか?

歯周病とは「歯を支える骨が溶ける病気」です。

歯と歯ぐきの境目についた歯垢(プラーク)から歯の根にそって菌が入り込み、歯を支えている周りの骨をじわじわと溶かしていき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。

また、歯周病は「沈黙の病」などと呼ばれるようにほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

噛みごこちが少し違うのですが......

天然歯には、歯とあごの骨の間に歯根膜というクッションがありますが、インプラントにはこのクッションがないので、噛んだときの力が骨に直接伝わるためです。周りの歯とのバランスを考えながら噛み合わせの調整をします。

歯と歯ぐきの間・歯と歯の間に食べ物がつまりやすくなった気がします

インプラント体ともとの歯の根の太さが異なることに起因します。
歯と歯ぐきとの隙間が天然歯の時と全く同じ状態にならないことが関係しています。
もちろん人工歯を製作するときは詰まりにくいように色々な工夫をして設計するのですが、食べ物がつまらない形態というのは詰まってしまった汚れを逆にとりにくく、歯ブラシしにくい形態なのです。

歯磨きのしやすい形態も考慮していますのである程度はブラシでうまく対処していただくことが必要ですが、ちょっとした修正で改善できる事もありますから主治医にご相談ください。

手術後に注意することはありますか?

手術当日は、激しい運動、入浴(長湯しなければシャワー等は問題ありません)、飲酒も避けてください。また、感染を防ぐため、出された薬をきちんと飲んでください。うがい薬は手術翌日から使い、患部を清潔に保ってください。

定期的な検診は必要ですか?

インプラントはチタンのため虫歯にはなりませんが、歯周病にはなります。また歯周病になると非常に進行が早いため、予防するために定期的にクリーニングが必要です。

手術後は歯が抜けたままですか?

ほとんどの場合、仮歯もしくは入れ歯を入れるようにしております。手術によってはすぐ入れられない場合もあります。ご相談ください。

手術後の歯磨きはしてもいいですか?

手術した部位の歯ブラシは避けてください。縫い合わせている糸が切れたり傷口がひらいたりしますので、他の部位を歯ブラシで丁寧に磨くことをオススメします。汚れると感染の原因になるからです。

その際、歯磨き粉は使わないようにしてください。また、歯磨きの後の「ぶくぶくうがい」もしないようにしましょう。どうしても、という方は軽くゆすいでツバを吐く程度でお願いします。

手術後の食事は大丈夫ですか?

ほとんどの場合、術後3~4時間ぐらいで麻酔が切れます。しびれが切れれば食事をしても大丈夫です。ただ、できるだけ手術をしてない箇所で食べ物を噛んでしてください。また、できれば柔らかい物をいただいてください。栄養をとった方が抵抗力がつきますので早く治ります。

インプラントが歯周病になったらどうしますか?

軽度の場合は歯周病の治療を行います。重度の場合は手術が必要となってきます。場合によっては抜くしかできないこともあります。とはいえ、定期検診に通うことで歯周病の予防ができます。

将来、体に害はないですか?

害はないと考えていただいても、差し支えありません。ただし、チタンアレルギーの方は注意が必要です。万が一チタンアレルギーがあった場合、しばらくすると抜けてしまうからです。

食べ物で気をつけたほうがよいものはありますか?

堅い物を噛むと歯が割れる時があるように、あまり堅い物はやめた方がいいと考えております。普通に食べられる物であれば問題ないと思います。

手術後の入院は必要ですか?

入院は必要ありません。一応手術後は安静にしていただくように説明しておりますが、デスクワークなどの事務処理などの仕事は差し支えないと思います。

治療期間はどのくらいですか?

早い方なら、約2か月程度で正常に噛めるようになっています。ただし、患者さんの食いしばりや歯ぎしりなどにより、多少伸びる場合もございます。

また、歯周病治療直後のインプラント埋入など、手術のリスクが高かった場合は、少し様子を見なくてはいけないためさらに数か月かかります。

手術時間はどのくらいかかりますか?

1~3本ぐらいであれば、1時間〜1時間半ぐらいで終わります。また、骨を作ったりと複雑な手術になるともう少し時間がかかります。

インプラント治療の成功率は?

成功率は90%の後半です。失敗の原因は色々ありますが歯周病菌などの感染などが考えられます。とはいえ、再手術を行うことができます。

手術は痛いですか?

インプラントの手術は局部麻酔をかけますので、痛みはありません。
当院では、最新の技術を使用して、痛みの少ない治療を行っております。

喫煙者ですが、インプラント治療はできますか?

喫煙者は絶対にインプラント治療が受けられないというわけではありません。とはいえ、喫煙はインプラントだけでなく、歯周病に対しても症状を悪化させる原因のひとつです。

タバコを吸われる喫煙者は、非喫煙者に比べインプラントの成功率が低いことが、学会の発表でも証明されております。タバコのニコチンによる血流阻害や血管収縮はインプラント治療に悪影響を及ぼすからです。

骨の量が少なくても大丈夫ですか?

骨の少ない方は骨を増やす手術(GBR法、サイナスリフト法、スプリットクレフト法など)を行えば、問題ありません。ただし、これらの手術には、外 科手術を必要とします。外科的な負担が少ない方がいいという方は、ショートインプラントなど負担が少ない方法を選択しております。

インプラントはどの歯科医師でもできますか?

基本的には、歯科医師免許さえあれば誰でもインプラント治療は可能です。とはいえ、大学病院などの施設でしっかり研修を積んできた歯科医師による治療が安全だと考えております。

なかには外科手術の経験が少ない歯科医師もいますので、よく質問し検討してください。

インプラントができない人はいますか?

18歳未満、心臓病、重度の糖尿病、重度の骨粗しょう症など健康状態が著しく悪い方は適しておりません。心配な方はご相談ください。

インプラントのデメリットは何ですか?

●外科手術が必要です――とはいえ、手術中の痛みはほとんどありません。患者さんが希望であれば、寝ている間に手術をすることもできます。

●噛めるまでに期間がかかる――通常のケースでは数か月はかかりますが、患者さんの状態により、手術をした日に噛めるようにすることも可能です。

●費用がかかる――インプラントは健康保険を適応できないため、費用がかかります。しかし、インプラント治療を行ったことによる健康への寄与を考えると決して高い費用とはいえないと思っております。また、万が一何かあった場合には保証もついておりますので安心です。

インプラントのメリットは何ですか?

「何でもよく噛める」「入れ歯のような不快感がない」「他の残っている歯を守ることができる」など、さまざまなメリットがあります。最近では、「しっかり噛むことで老化防止や癌予防にもつながる」とも言われ始めています。

年齢制限はありますか?

健康な18歳以上の方なら問題ありません。高齢者の方も問題なく治療ができます。

インプラント治療ってなんですか?

何らかの原因で失われた歯のかわりに、顎の骨に人工の歯根(インプラント)を植える方法です。

インプラント体に使われる素材は、生体親和性の高い「チタン」が使用されており、ほとんど生体に異物防御反応をおこさせることはないといわれています。

形態は棒状の単独植立。顎の骨に植える部分はらせん状になっており、骨がつきやすい(骨性癒着:オッセオインテグレートと言います)ように加工されています。

治療期間中、歯のない期間がありますか?

歯の被せ物を外したり削った後は、仮の歯を入れます。

普段の生活には支障はありませんのでご安心ください。また、装着した仮の歯を参考に最終的な歯の形態をご相談しながら決定します。

被せ物は、歯ぐきが黒く変色するとお聞きしたのですが......

オールセラミッククラウンなら、黒くなることはありません。さらに、土台を金属製ではなくファイバーコアにすることで、歯ぐきとの境目も黒くなりません。

なお、どちらも金属を使用しないため、金属アレルギー体質の方でも安心して使用できます。

金属アレルギーなのですが、治療できますか?

セラミッククラウン・セラミックインレー・レジンなどの素材は金属製ではないため、金属アレルギーの方も安心して治療できます。当院では、患者さんがどの金属にアレルギーを持っているかを大学病院に依頼して分析し、症状やご希望に合わせた最適な素材を選択します。

奥歯をセラミックにしても割れませんか?

セラミックは天然の歯と同等か、それ以上の強度がありますので問題ありません。被せ物や詰め物に使用可能です。ここ最近では、お口を開けた時に見える金属をきらい、奥歯にも審美的に綺麗な白い歯を求められる方が増えてきています。

セラミックは変色しませんか?

セラミックとは陶材のことで、ご存知のように食器などに使用されている素材です。当然、陶器と同じように水分の吸収が無いため、変色せず、歯を白く 保つことが可能です。また、セラミックの最大の特長は、他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現できることです。

もし、治療後の歯を自然な色合いに仕上げたいとお考えなら、セラミック治療をお勧めいたします。

銀歯を目立たなくする方法はありますか?

銀歯の詰め物を一度はずし、白く透明感の高いセラミック製の素材につめ替えることにより、自然な色合いになります。

どのくらいの期間で治りますか?

治療する歯の本数、内容によってかなり異なります。単純にかぶせるだけなら最短2回ですが、より綺麗に治すために回数がかかることもあります。当院では、なるべく治療期間、回数を減らすように努力しておりますが、詳しくは診断後の判断になります。

審美治療ってなんですか?

審美歯科とは、歯科的機能回復(良く噛める)だけではなく、美しさと自然な口元にも焦点を当てた、総合的な歯科治療のことです。審美治療(美しく白い歯・綺麗な歯並び)を受けることで、最初うつむき加減だった患者さんが、見違えるように自信を持ち始めたケースもあります。

「口元にコンプレックスがある」「歯の色が気になる」などの悩みをお持ちの方、ぜひ一度ご相談ください。

審美歯科に関する質問

セラミック治療に関する質問

インプラントに関する質問~治療前

インプラントに関する質問~手術に関して

インプラントに関する質問~治療後に関して

歯周病に関する質問

矯正歯科に関する質問

叢生(歯がデコボコ)

症例
8歳女子 八重歯で奥歯の一部でしか咬んでいませんでした。
動的期間12ヶ月/費用:420,000円

反対咬合(受け口)

症例
20代男性 反対咬合でしたが、外科手術なしで噛み合わせを再構成できました。
動的期間:約2年/費用:735,000円~

叢生(歯がデコボコ)

症例
30代女性 歯列不正により笑顔が暗い感じになっていましたが、矯正治療により素敵な笑顔を獲得しました。その後、当院で虫歯の治療を一緒にしているので、最小限の修復で治療を行えました。当院には矯正認定医と審美補綴を得意としているドクターがいるので、スムーズな連携が可能です。
動的期間:1年6ヶ月/費用:735,000円~

開咬(前歯がうまく閉じられない)

症例
20代女性 前歯が空いていて奥歯の一部でしか咬んでいませんでした。
動的期間:12ヶ月

叢生(歯がデコボコ)

症例

オールセラミックス

症例1
症例
50代女性 上顎右側5番 e-MAX修復
治療期間:約1ヶ月/費用:約117,600円~

症例2
症例
30代女性 上顎両側中切歯をファイバーポストにて補強 e-MAXレイアリング修復
治療期間:約3ヶ月/費用:約159,600円~

ジルコニア

症例1
症例

40代女性 上顎右側中切歯をジルコボンドにて修復、また隣在歯のプラスチックの不自然な詰め物もダイレクトボンディングで再修復しました。
費用:約159,600円~

症例2
症例

50代女性 上顎に5本のメタルボンドが装着されていましたが、色調や形態が不自然だったので、ジルコボンドにて再修復いたしました。
費用:約159,600円~

症例3
症例

20代女性 幼少期に事故で前歯を2本失ってしまい、6前歯でブリッジを装着していましたが、不適合のため中で虫歯が進行し、根管の中にも細菌が進行して、ブリッジの支えの歯はすべて膿胞ができていました。マイクロスコープ下で虫歯の除去、根管治療などすべての処置を行い、ジルコボンドのブリッジで審美的に再修復を行いました。

症例4
/images/case4.jpg

症例5
症例

おせんべいを食べて、歯が折れてしまった患者さんです。気になっていた隣の歯の色も合わせ、ジルコニアを被せました。歯の長さも左右違っていたので、歯肉の形も修正しました。金属を使っていないので裏写りせず、仕上がりがきれいなのが特徴です。

症例6
症例

50代女性 不自然な前歯の被せ物や奥歯の欠歯など、機能的にも審美的にも問題を抱えたケースでした。奥歯のないところにはインプラント治療を行い、歯牙があるところは歯周治療、歯内療法(根管治療)、ジルコニアを中心とした補綴治療を行いました。

インプラント

症例1
症例


70代女性 歯周病と歯根破折により上顎の奥歯を4本失ってしまいましたが、デンタルインプラント治療により失った奥歯を取り戻しました。フルジルコニアクラウンのスクリューリテインタイプで修復してあります。

症例2
症例


50代男性 学生の頃より蓄膿症の治療のため抜歯をされ、入れ歯を使用されていたそうです。40年間入れ歯を使用していましたが、デンタルインプラント治療によりすべての入れ歯を取り外すことができました。最近は、胃腸の調子が良いです、とおしゃられていました。

症例3
症例


60代女性 当クリニックに20年来通院している患者様ですが、歯根破折により左上の前歯と奥歯二本を失ってしまいました。歯を削ってブリッジにはしたくないとの事でインプラント治療をおこないました。奥歯の部位は歯槽骨が大分無くなっていましたので、バーチカルサイナスリフトを併用して治療を行いました。

入れ歯症例

症例1
症例
症例

70代女性 以前は保険の入れ歯を使っていましたが、違和感があり、しゃべりにくいということなので、快適な入れ歯をご提供いたしました。前の入れ歯より話しやすく違和感がないと大変喜んでおられます。

ホワイトニング

症例1
症例

症例2
症例

歯周病症例

症例1
症例

症例2
症例

症例3
症例

症例4
症例

症例5
症例

根管治療

症例1
症例

被せ物が取れた患者さんです。虫歯が残っていたので被せ物が脱離し、根の先に膿胞ができていました。当院で根の治療を行い、e-MAXクラウンを被せました。3年後には、術前にあった膿胞がなくなっていました。

症例2
症例
症例

30代女性 左上の歯にニキビのような出来物ができてると紹介で来院されました。3年前にセラミックを被せたそうです。レントゲンで確認すると前医はそんなに悪い治療とは思われませんでしたが、ニキビのようなものの所から、造影性があるものを入れてレントゲン撮影をしてみると、第一小臼歯の根の先に到達していましたので、根管治療を始めました。セラミックスを外し、金属の土台を外してみますと、根充剤の上に褐色の汚染されたものが確認できました、またマイクロスコープ下で、根の先の方にまで汚染された組織が確認でき、慎重に除去いたしました。綺麗になったのを、顕微鏡で確認したのちに根充剤を充填しました。

難症例

症例1 右上セラミックスブリッジ 左右下顎インプラント
症例
症例
症例
60代男性 半年歯科医院に通院しているが、奥歯の根の治療がうまくいかず、抜歯を勧められ、噛むところがないと転院されてきました。
当クリニックで神経のとった歯は、マイクロスコープ下で根管治療と、被せ物の治療(審美歯科)を行いました。一番奥歯は歯が割れていましたので、抜歯となってしまいましたが、奥歯の歯がないところには、上顎はミニサイナスリフトを併用したインプラント治療、下顎には、インプラント治療を行いました。術後4年経過しておりますが、問題はありません。

症例2 上顎-金属床総入れ歯
    下顎スクリュー固定インプラントとセラミックスブリッジ

症例
症例
症例
60代後半の男性 歯がグラグラして噛めないと紹介されて来院されました。
上の歯と下の奥歯の一部は間に合わず、残念ながら残りませんでしたが、残せそうな歯は、歯周補綴(クロスアーチスプリント)を行い、失ってしまった3本の奥歯には、インプラント治療を行いました。また、上顎は総入れ歯にしております。術後4年経過しておりますが、定期検診時には問題なく快適に過ごしている。とおしゃっております。


症例3 上顎コーヌステレスコープ入れ歯 下顎総入れ歯
症例
症例
症例
70代女性 当クリニックで30年前上顎にコーヌスクローネ義歯で治療をされていた患者様です。大分虫歯や歯周病が進んでグラグラしてきたと来院されました。レントゲン検査、歯周病の検査により、上顎の3本の歯牙は保存可能であると診断しました。
 上顎の3本の歯牙は、コーヌスクローネの進化した形の、パラレロコーンテレスコープデンチャー(義歯)にて治療し、下顎は、4本のインプランにて入れ歯を支えているインプラントデンチャー(義歯)で治療しました。よく食事ができるようになり、体重が増えたと喜んでおりました。

審美歯科(インレー)の費用

項目 イメージ ワンポイント 価格(税抜)
e-Max e-Max ・強度が高い
・見た目がより自然で美しい
・強さと美しさを持つ
\50,000~\70,000
金合金 金合金 ・歯の硬さに近い
・丈夫で長持ち
\35,000~
※別途金属の費用が必要
ダイレクトボンディング ダイレクトボンディング ・最小限の歯を削ずる
・型採りがなく、治療回数が1回で済む
\30,000~

審美歯科(クラウン)の費用

下記の料金に加え、検査・型どり・処置(マイクロスコープ使用)費用として、一歯につき12,960円かかります。
ステイニング法
色の付いたゲル状のステイン剤で着色をして、自分の歯の色に近い色を再現します。

項目 イメージ ワンポイント 価格(税抜)
e-Max CAD ON e-Max CAD ON ・ジルコニアのフレームにe-Maxを焼き付けたもの
・より美しく強い歯を求める方におすすめ
\150,000
フルジルコニア フルジルコニア ・噛み合わせの強い方、くいしばり、歯ぎしりがある方におすすめ
・ダイヤモンド類似石のジルコン人口ダイヤモンドと同じ元素の素材
・金属アレルギーがある方におすすめ
\100,000
e-Max e-Max press ・強度が高い
・見た目がより自然で美しい
・強さと美しさを持つ
\100,000
金合金 金合金 ・歯の硬さに近い
・丈夫で長持ち
\60,000
※別途金属の費用が必要
ファイバーポスト ファイバーポスト 歯が欠損していて、そのままではクラウン(被せ物・差し歯)を被せられない場合に、人工の土台(コア)で欠損した部分を補います。 一本
\20,000

レイヤリング法
異なった色を何層にも重ねることで、自分の歯の色と同じ色を再現します。
とても繊細な作業で、まさに匠の技といえます。
項目 イメージ ワンポイント 価格(税抜)
プレミアム プレミアム ・トップの歯科技工士に依頼して作製
・適合性が高い
・違和感がない
\200,000
ジルコボンド ジルコボンド ・被せ物の内側にジルコニアを使用
・通常のオールセラミックスよりも透明度が高い
・美しさを重視する方におすすめ
\150,000
e-Max レイヤリング e-Max レイヤリング ・ニケイ酸リチウムガラスのセラミック
・非常に見た目が良い
・ほとんど変色がない
・美しさを重視する方におすすめ
\150,000
ラミネートベニア ラミネートベニア ・見た目がより自然で美しい \150,000
メタルボンド メタルボンド ・被せ物の内側に金属を使用
・たいへん丈夫で割れにくい
・噛む力が強い方におすすめ
\150,000

入れ歯の費用

項目 イメージ ワンポイント 薄さ 安定性 価格(税抜)
BPS総義歯 BPS総義歯 ・非常に精度が高い
・ぴったりフィットして快適に装着できる
○ ○ \300,000~
金属床義歯 コ金属床義歯 ・強度がある
・温度を感じやすい
○ ○ 総入れ歯
\250,000~
部分入れ歯
\300,000~
テレスコープ テレスコープ ・バネがないので、見た目が美しい
・アレルギーがない
○ ○ 一箇所\150,000
※別途入れ歯代必要
磁性アタッチメント
(維持装置)
磁性アタッチメント(維持装置) ・安定性がある
・バネがないので、見た目が美しい
義歯による 義歯による 一箇所\80,000
※別途入れ歯代必要
プラスチック義歯 プラスチック義歯 初めての方におすすめ × × 保険適用

ホワイトニングの費用

項目 イメージ 価格(税抜)
オフィスホワイトニング オフィスホワイトニング \30,000(一回に付き)
ホームホワイトニングキット ホームホワイトニングキット \20,000
追加
ホームホワイトニングジェル
   \5,000(2本)

インプラントの費用

項目 価格(税抜)
埋め込み費用
※検査料こみ、CTは提携病院で別途かかります。
\245,000
二次オペ \20,000
増骨 バーチカルサイナスリフト \120,000
ラテラルサイナスリフト \200,000
再生療法(GBR) \75,000~
上部構造物 チタニウムアバットメント \55,000
カスタムチタニウムアバットメント \85,000
ブリッジタイプ \40,000

矯正治療の費用

項目 イメージ 価格(税抜)
カウンセリング カウンセリング \3,000
検査・診断料 精検査・診断料 \40,000
小児矯正 小児矯正 第一期治療:\100,000~\400,000
第二期治療:\350,000~\700,000
成人矯正 成人矯正 \700,000
部分矯正   \90,000~
保定装置 保定装置 \50,000
調整料 調整料 ブラケット調整:\4,000~\5,000
保定・保隙調整:\3,000~\5,000
 

お支払い方法

当院では、現金でのお支払いの他に分割払い、クレジットカードでお支払いいただけます。

一括支払い
当院指定の銀行口座へお振込み下さい。
注:銀行口座へのお振込み手数料は患者さんのご負担になります。

分割払い
分割払いができます。
詳しくはお問い合わせください。
スルガ銀行

クレジットカード
クレジットカードでもお支払い可能です。
クレジットカード

矯正治療では原則として健康保険は使えませんが、矯正治療費は医療費控除の対象になります。
医療費控除について

アンチエイジングへの取り組み

アンチエイジング「肌にハリがない」
「口元や頬のたるみが気になる」
「ほうれい線が気になる」

こうした悩みをお持ちの方はいませんか? 

お口の中の治療が進んで健康になってくると、だんだんとお口の周りが気になるようで、こうした悩みをご相談いただくことが多いように思います。

当院では、審美歯科やホワイトニングだけでなく、そうした患者さんのためにアンチエイジングへの取り組みも行っています。

【プラセンタ】肌のハリやツヤを取り戻し、疲れを取り除いてくれる

プラセンタとは?
プラセンタとは哺乳類の「胎盤」のこと。一般的には人や牛、馬、ブタなどから抽出したエキスをプラセンタエキスと呼んでいます。この胎盤には三大栄養素である糖質、タンパク質脂質が多く含まれており、他にもビタミン、ミネラル、炭水化物などの栄養素がぎっしり詰まっています。

こうした栄養素が若々しさを保つエネルギー源となり、肌のハリやツヤを取り戻し、疲れを取り除いてくれるのです。

プラセンタの効果
・肌のハリやツヤを取り戻す
・細胞を活性化する
・傷の治りを早めてくれる
・アレルギーや炎症を抑えてくれる
・疲れを取り除いてくれる
・肝細胞の再生を促す
・活性酸素を取り除いてくれる

【根管治療】歯を抜かずに、残す治療

「虫歯が悪化して、歯を抜くしかないといわれた」
「神経を取ったのに、痛みが取れない」
「神経を取っているのに、歯ぐきが腫れる」
「何回も根の治療をしているのに、再発してしまう」
 根管治療

歯の治療後の悩みやトラブルを訴える患者さんは少なくありません。痛みがあるまま放置していると、歯の神経が死んでしまい、歯の根の先が膿んで歯ぐきが腫れてしまいます。治療が難しくなるだけでなく、最悪、歯を抜かなければなりません。

こうした、歯の状態が悪化したときに行う治療が「根管治療」です。これは、歯科治療における「最後の砦」とまでいわれる治療で、適切な処置を行うことで、重症化した歯を救うことができます。


歯を残すための「根管治療」
壊死した歯の神経を取り除き、歯の根をキレイに洗浄・殺菌したあと、歯の寿命を引き延ばすための治療です。神経にまで達している虫歯を放置していると、最終的には抜歯をしなければなりません。こうした状況を防ぎ、ご自身の歯を残すことができる治療が根管治療です。
症例

マイクロスコープ(顕微鏡)で、より確実に治療を行う

 根管治療根管治療は歯の根の治療で、歯科治療の基礎ともいえます。歯の寿命にも影響を与える治療なだけに、再発を防ぐためにも、虫歯を完全に取り除かなければなりません。

歯の根は細くて肉眼では確認が難しく、途中で曲がったり枝分かれしたりと、複雑な形状をしています。また、一人ひとり違う形状をしているため、患者さんの根の状態に合わせた治療が必要です。医師の技術力が大きく左右する治療なだけに、根管治療を成功させるにはミクロン単位の綿密な歯科技術が求められます。

当院では、より確実な処置を行うために「マイクロスコープ」を使った根管治療を行っています。マイクロスコープとは、お口の中を拡大して確認できる高性能な顕微鏡のことです。最大で肉眼の約20倍まで拡大でき、今まで肉眼では見逃していた神経の入り口なども、簡単に判別できるようになりました。

治療ではどんなことをするの?

 根管治療根管治療の処置は、歯の状態などにより治療手順や通院期間が異なりますが、一般的には次のような流れです。

まず、歯の神経が通っている管(根管)を専用器具できれいに洗浄し、汚れを完全に取り除きます。その後、薬を充填して詰め物を被せます。なお治療前に麻酔をかけますので、処置中の痛みはほとんどありません。

根管治療の流れ
1. 感染予防のため、ラバーダムを使用して、だ液などの感染を防ぐ
2. 虫歯感染部分を専用器具で除去する
3. 治療しやすいように、神経のスペースに穴をあける
4. リーマーという器具を使い、根の感染部を除去する
5. 炎症が起きている根管の先まで薬を充填し、細菌感染を防ぐために根管内を塞ぐ
6. 根管治療後の歯は、状態により詰め物・被せ物を取り付ける

ラバーダムとは?
ラバーダムというのは、ゴムでできたシートを留め、虫歯になった歯と健康な歯を隔離し、無菌的な状態を確保する方法です。歯は体の中にありますから、歯の神経治療は外科処置にあたります。したがってできる限りバイ菌の進入を防ぎ、きれいな状態にして治療を行います。

【歯周病とは?】自覚症状が現れてからでは手遅れに

歯周病は、はじめのうちはほとんど自覚症状がない病気です。歯ぐきが腫れたり出血したりといった症状が現れたときには、かなり進行しています。場合によっては手遅れ、ということも。症状を悪化させないためにも、早期発見・早期治療が重要といえるでしょう。
 歯周病治療

歯周病とは?
歯周病は、歯周病菌による感染症です。歯と歯ぐきの間の"歯周ポケット"に汚れが溜まると、そこで歯周病菌が繁殖し炎症を起こします。この状態が歯肉炎です。さらに、感染が歯周ポケットの奥深くまで広がると、徐々に歯の骨が溶かされていきます。治療をせずにそのままの状態が続くと、歯を支えきれなくなり、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。
症例
症例

ご家庭でできる簡単なチェック項目
あなたに当てはまる項目がありますか?

□ 歯磨きをしたときに出血する
□ 口臭が気になる
□ 口の中がネバネバする
□ 歯肉が腫れている
□ 歯肉が色がピンク色ではなくなった
□ 歯肉から膿が出る
□ 硬いものを噛むと痛みを感じる
□ 歯がグラグラする
□ 以前より歯が長くなった気がする
□ 以前より歯と歯の隙間が広がった
□ 歯ぐきがムズムズする
□ 糖尿病にかかっている

チェック項目が多い方は、歯周病に感染している可能性があります。ぜひお早めにご相談ください。

治療は、歯周病を治してからがスタートです

歯周病が改善してから、人工歯や詰め物を入れる
 歯周病治療歯周病を治療せずに虫歯治療を行うことは、大変危険です。将来、歯周病が進行したとき、せっかく虫歯を治療しても、歯が抜け落ちてしまう恐れがあります。当院ではこうしたことを防ぐために、歯肉の状態を改善してから詰め物を被せています。

当院では適切な治療を行うために、初診時に歯周病検査を行います。歯肉の状態を確認し、併せてブラッシング指導を行いながら、患者さんが歯肉を健康な状態に回復させたあとに、初めて治療を開始いたします。

なお強い痛みや腫れなどが伴う場合には、まず応急処置を施したあと、歯肉の改善を行います。


歯周病の予防方法
●正しく歯を磨く
虫歯予防の第一歩は、歯磨きから始まります。しかし、間違った歯磨きを続けていると、かえって歯や歯肉を傷つけ、お口の中のトラブルにもなりかねません。当院では、患者さん一人ひとりのお口の中の状態に合わせた歯磨き指導を行っています。

●生活習慣の改善
食生活や十分な睡眠、適度な運動やストレスをできるだけためない。歯磨きも毎日行うことの一つですので、生活習慣病といっても過言ではありません。普段の生活習慣を見直すことが大事です。

歯周病の進行具合と治療方法について

軽度歯周病
 歯周病治療歯と歯肉の間の溝(歯周ポケット)にプラーク(歯垢)や歯石が溜まり、細菌が繁殖します。この状態になると、歯肉が炎症を起こして腫れや出血が見られます。

≪治療方法≫
・ブラッシング指導
・1~2回のクリーニングで比較的短期間で回復可能

中等度歯周病
 歯周病治療歯周ポケットの内部に付着した歯石が多くなり、歯肉の腫れや出血・口臭がひどくなります。徐々に骨が溶け始め、さらに歯周ポケットが深くなると、歯がグラつき始めます。

≪治療方法≫
・歯周ポケットの内部に付着した歯石を除去する
・痛みが伴うときは、麻酔が必要
・場合によっては、歯周外科の適応となる

重度歯周病
 歯周病治療歯肉が化膿して真っ赤に腫れあがります。骨の破壊が進むと支えきれなくなり、歯が大きくグラグラと動揺する状態です。

≪治療方法≫
・歯周外科にて対応
・歯の保存が難しい場合は抜歯に

【スケーリング】歯肉炎のうちに治療
 歯周病治療歯の表面にこびりついている歯垢や歯石などを、専用器具を使ってきれいに取り除く処置です。表面を滑らかにすることで、虫歯や歯周病の原因ともいえる、プラークの付着を防いでくれます。

なお、一度除去しても、歯石は時間が経つと再び付着します。定期的にスケーリングを受けて、お口の中を清潔に保つように心がけましょう。

 スケーリング

【再生治療】進行してしまった歯周病でも歯を抜かずに治療できる

歯周病が悪化したとき、これまでの治療では歯を抜いて入れ歯を作っていました。当院では、状態の悪い歯周病でも、できるだけ歯を抜かずに残す治療を行っています。

これは「再生治療」と呼ばれ、歯周病で失われてしまった骨を再生させる治療です。処置を受けた患者さんの多くが、良好な結果を得ています。

組織誘導再生療法(GTR法)
●広範囲での再生が必要な方には最適
歯周病によって失われた骨の部分に、医療用のゴアテックスの皮膜を被せ、骨を再生させる治療方法です。

まず、歯周ポケット(歯と歯肉の間の隙間)の汚れをきれいに取り除き、そこにメンブレンという特殊な人工膜を入れます。こうすることで不要な歯肉が入り込むのを防ぎ、歯槽骨・歯根膜が回復するスペースができます。その後、歯肉が再生し、さらに歯槽骨がゆっくりと回復してきます。

歯周補綴治療
重度の歯周病の場合、歯周病治療だけでは歯槽骨が破壊され多数の歯が不安定になっています。そうなると、歯周病を治療したとしてもしっかり噛むことができないため、歯を安定させるために補綴治療を行う必要があります。

エムドゲイン(歯周組織再生誘導材料・Emdogain)
スウェーデンのビオラ社で開発された最も新しい再生材料です。歯周外科処置の際に歯根面にエムドゲインを塗布することで、破壊された骨や歯周組織を再生させることができます。当院では治療成果を高めるために、エムドゲインに人工の骨を混ぜて使用しています。
 歯周病治療

自分の歯と変わらない感覚で生活できるインプラント治療

「入れ歯は金具が目立つから入れたくない」「健康な歯を削るブリッジはいや」
こうした抜歯後の治療方法で悩んでいる方はいませんか?そのような方に最適な治療がインプラント治療です。
インプラント

インプラント治療とは?
インプラント治療は、あごの骨の中にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋入し、その上から人工歯を被せる、失われた歯の機能を補う治療です。30年以上の治療実績があり、現在ではインプラントを第一選択にする方も増えています。

インプラントは、入れ歯やブリッジのように歯を削ったり金具をかけたりすることがなく、健康な歯にストレスを与えません。天然歯と遜色のない自然な美しさがあり、安定した噛み心地と噛み合わせを回復することができます。

インプラントの特徴
・天然の歯と同じような感覚で食べ物を噛むことができる
・自然な外観や表情を取り戻すことができる
・人前で笑ったり話したりすることも、まったく不安なく行うことができる
・噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめる

指にも1本1本役割があるように、歯にも1本1本役割がある

症例
下あごの前から6番目の歯が抜けた場合、治療をせずに放置していると、噛み合わせが悪くなるだけでなく、さまざまな弊害が現れてきます。

(1)噛み合わせる下の歯がないので、上の歯が伸びてきてしまう
上の歯は、噛み合う相手を探すため、下の歯に向かって伸びてきて、噛み合わせが狂い始めます。時間が経ってから入れ歯などを入れる場合は、上の歯を削って噛み合わせを調整する必要があります。

(2)一番奥の7番目の歯が、抜けた歯のスペースに倒れこんでくる
倒れた歯を正しい位置に戻すために、矯正治療が必要です。

(3)反対側で噛むようになると体のバランスも悪くなる
噛み合わせが悪くなると、全身のバランスや健康にも大きな影響を与えます。

歯には重要な役割があり、噛み合わせが狂うと歯の機能が失われ、健康を害する恐れがあります。健康な生活を送るためにも、歯の大切さを再認識する必要があるといえるでしょう。

インプラント手術について

インプラント「インプラント手術の安全性が心配」という声をよく聞きます。手術中は苦痛や痛みが伴うと思いこんでいる方も少なくありません。今や、医療技術が向上し、インプラント手術自体は安全といわれる時代です。実際のインプラント手術はほとんど苦痛がなく、親知らずを抜く程度の痛みで済みますので、全身麻酔をせずに行われます。

心配な方には、術中に眠ったような状態となる麻酔をする方法(静脈内鎮静法)もございます。完全に意識がなくなる全身麻酔とは違い、治療に対する不安感や恐怖心を和らげる静脈内鎮静法では、あっという間に手術が終わったように感じます。
なお、術後の痛みはほとんどありません。軽い腫れはありますが、2~3日程度で治まり、日常生活に影響を与えることはありません。

インプラント治療の流れ

インプラント診断に基づき、治療計画、治療の流れ、期間、費用、それに伴うリスク、治療後の保証やメインテナンスなどについて、詳しく説明いたします。

【1】インプラント相談
現在抱えているお悩みやご要望を一つひとつ伺いながら、治療にかかる期間や費用、改善できることなどを説明いたします。

次へ

【2】精密検査・診断・CT撮影
歯型採りを行い、診断に必要なレントゲン写真・歯の写真・CT撮影をしてきてもらいます。併せて、周辺の歯肉の状態や歯周病の有無など、お口の中の状態も調べます。
次へ

【3】インプラント治療計画の説明
診断に基づいた治療計画を作成し、治療の流れや治療期間、それに伴う費用やリスク、治療後の保証やメインテナンスについて、詳しく説明いたします。
次へ

【4】インプラント埋入手術
手術時間は、30~60分程度です。術後はできるだけゆったりとお過ごしください。なお、日常生活での制限はありませんので、お仕事をお休みいただく必要はありません。
次へ

【5】挿入したインプラントを定着させるための保定期間
上下とも4~6か月が目安です。
次へ

【6】アバットメントの装着・歯の製作
埋入したインプラントにアバットメント(接続部品)を装着し、その上から被せる人工歯を作ります。なお、当日は仮歯を装着してお帰りいただけます。
次へ

【7】歯の装着
人工歯を装着して終了です。
次へ

【8】経過観察・メインテナンス
装着した人工歯が正しく噛み合っているか、しゃべり方に問題がないかなどをチェックします。また、安定した状態で、より長くインプラントをお使いいただくために、歯磨き指導を行います。治療後のお手入れは必須ですので、定期的なメインテナンスが必要となります。

インプラントを安定させ、長年使うために重要なこと

インプラントインプラント治療は、口腔内の状態に左右される治療です。当院では、歯周病検査を行ってからインプラント治療を行います。歯周病がある方の場合は、徹底的に歯周病治療を行います。歯周病の状態から改善された方や、喫煙、糖尿病のない方にインプラント治療を行います。

定期的なメインテナンスが重要です
インプラント体は人工歯根です。虫歯になることはありませんが、隣接する歯が歯周病に感染すると「インプラント周囲炎」を引き起こすこともあります。また、インプラントを移植した部位が炎症を起こしたり、抜け落ちたりしてしまいます。

こうしたトラブルを防ぐためにも、日頃のお手入れが重要です。長期にわたり、安定した状態でお使いいただくためにも、定期的なメインテナンスをする必要があります。

【ホワイトニング】歯を削ることなく、白い歯を手に入れる

口元で気になる、歯の黄ばみやくすみ。その多くは加齢や遺伝、飲食物による着色が原因です。これらは自分では落とすことができません。こんな悩みをお持ちの方に最適な治療がホワイトニングです。ホワイトニングとは、歯を削らずに歯を白くすることができる治療方法です。
ホワイトニング

ホワイトニングは2種類あります
●診療室で行う【オフィスホワイトニング】
オフィスホワイトニング歯科医院で行うホワイトニングです。歯の表面に付着している汚れを取り除いてから専用の薬剤を塗布して歯に浸透させて、レーザーを照射します。治療中の痛みはほとんどなく、その日のうちに見違えるような白さが得られます。

●自宅で行う【ホームホワイトニング】
ホームホワイトニング歯型に合わせた専用トレーにホワイトニング剤を入れ、それを装着します。薬剤はゆっくりと作用していき、2週間程度で歯が白くなります。使用期間を調整することで、お好みの白さに仕上げることができます。ご自宅でお好きな時間帯に無理なくできますので、忙しい方に最適なホワイトニングです。

ホワイトニングのメリット・デメリット
<メリット>
・歯を削らずに白くすることができる
・お好みの白さに加減できる

<デメリット>
・時間が経過すると元の色に戻るので、定期的な施術が必要
・ホワイトニング剤が歯にしみることがある

ホワイトニング前の注意点

ホワイトニングホワイトニングは気軽に歯を白くする治療ですが、お口の中の状態によっては、歯や歯肉にダメージを与える恐れがあります。歯周病や虫歯がある方は注意が必要です。また、妊娠中・授乳中の方やアレルギーをお持ちの方は、ホワイトニングが難しい場合もありますので、事前に必ず医師とご相談ください。

ホワイトニングの効果があまり期待できないケース
・生まれつき変色している歯
・被せ物・詰め物など人工の歯
・歯の神経を取った歯
・抗生物質の影響でグレー・茶色に変色している歯

「虫歯になる前に」予防して、虫歯知らずに

「歯医者さんは虫歯になってから行くところ」
このように思っている方は、いませんか? 確かに、歯科医院は虫歯を治すところですが、最近では虫歯になる前に、予防歯科を受けに来る方も増えています。
予防歯科

予防歯科とは「お口を健康な状態に保つ」ことを目的とした、虫歯や歯周病を防ぐための治療です。お口の中がいつも健康であれば、虫歯や歯周病に感染するリスクを減らすことができます。同じ歯を何回も治療している方、きちんと歯のお手入れをしているのに虫歯になりやすい方は、大切な歯を守るためにも、予防歯科を受診しましょう。

予防歯科のメリット

予防歯科歯磨きをきちんと行い、歯への関心を高めることで、虫歯や歯周病を防ぐことができます。予防歯科には、このほかにもたくさんのメリットがあります。

1 虫歯などのお口の中トラブルを未然に防ぐ
定期的な検診を受けることで、虫歯や歯周病などの小さな異変を早めに発見できます。さらに、虫歯や歯周病の予防、口腔内の健康を維持することができます。

2 治療の痛み・費用を低減できる
虫歯・歯周病の早期発見により、治療期間が短縮できます。併せて、治療費を抑えることができます。

3 お口の中がスッキリする
歯科衛生士がお口の中の汚れを丁寧に落としていくので、治療後は、お口の中全体がスッキリします。エステティックサロン感覚で、定期的に来院される方もたくさんいらっしゃいます。

【予防歯科の定期検診】歯のセルフケアを中心としたメニュー

当院では、歯のクリーニングを中心とした予防歯科メニューをご用意しています。

なお、当院では、歯磨きの仕方をアドバイスする"ブラッシング指導"や、歯の汚れを落とす"スケーリング"は、保険診療内で受けていただくことができます。

ブラッシング指導
ブラッシング指導一人ひとりに合わせたブラッシング指導を行っています。気づかなかった磨きグセを知り、汚れをキレイに落とすコツが身に付きます。

≪指導内容≫
歯ブラシの動かし方と当て方の指導
セルフケアの重要性の指導

スケーリング(歯石除去)
スケーリング歯科衛生士が行う歯石取りです。専用器具を使い、歯肉や歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の内側に付着している歯垢や歯石を除去する治療方法です。縁上の歯石を主に除去します。

≪スケーリングの必要性≫
歯石は自分で除去することはできない

バイオフィルムとは?
細菌が作り出す粘着力の強い膜です。バイオフィルムが歯の周りを覆うと、その内側で細菌が繁殖します。虫歯や歯周病の原因ともいわれています。バイオフィルムは、細菌の塊です。

専門家が行う歯のクリーニング【PMTC】
PMTCPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科衛生士が行う、本格的な歯のクリーニングです。歯の表面に付着した汚れを、シリコンゴムでできた専用器具やペーストを使って取り除いていきます。

≪PMTCの効果≫
臭いの元を取り除くことで口臭予防効果が高まる
術中の痛みがなく、エステ感覚で利用可能
歯面を滑たくにし、プラークの付着を減少させる

"私も痛いのは嫌い"できるだけ痛みを軽減

「痛みが怖くて治療中に緊張してしまう」「麻酔注射の針を刺すときの痛みが我慢できない」
治療中の痛みをストレスに感じるという方は、意外と多いようです。私も痛みが苦手ですので、できるだけ患者さんに苦痛を与えたくないと思っています。
一般治療

当院では、できるだけ痛みを軽減するために、麻酔注射を使った治療を行っています。私が勤務医だった頃、痛くない麻酔をマスターするために、自分自身に注射を打ち、ひたすら練習を重ねてきました。温度が違う麻酔液を3種類用意し、針を刺す位置や角度などを変えながら、コツをつかんでいきました。

当院では、大人だけではなくお子さんにも、痛みが伴う治療には麻酔注射を必ず使用します。虫歯を確実に除去するため、ご自身の歯を守るためにも、当院ではできるだけ痛みのない治療を心がけています。

削る量は最小限、悪い部分だけ確実に治療する

一般治療 ●可能な限り「削らない・残す」治療が目標
●治療によるメリットとデメリットを説明
●神経まで達した虫歯には、歯の根っこからの根本的な治療を実施

治療が終わり、数年経ったあとに再び同じ歯が虫歯になった。こうした経験をした方は少なくないでしょう。その度に再治療するということは、健康な歯もその度に削られることとなり、いずれは治療ができなくなり、抜かなければならなくなります。同じ歯を4~5回治療すれば、その歯はダメになるといわれています。そうならないように、徹底した普段からのブラッシングや、食生活を患者さんに管理してもらいます。

私たちは、悪い部分だけ確実に改善し、削る範囲はできるだけ最小限となるよう対応します。

歯を削る場合は
そうはいっても、虫歯の状態によっては大きく削ることもあります。なぜなら、削る量を抑えたがために、歯の寿命を縮める可能性があるからです。そこで当院では、処置を始める前に歯を削るメリット・デメリットをきちんとお伝えし、患者さんのご要望をお伺いしながら治療を行っています。

深い虫歯の場合は
また、神経まで達している深い虫歯は、根管治療(歯の根の治療)が必要です。根の管は複雑な形をし、肉眼では確認できないため、ドクターの技術力が大きく影響する治療ともいえます。当院ではマイクロスコープを使い、確実な根管治療を行っています。なお、根管治療を始める前には充分な説明をさせていただきますので、ご安心ください。

根管治療についてはこちら

虫歯の進行とその治療方法

Co(シーオー:初期う触)
Co(シーオー:初期う触)歯が溶け始めた初期段階の虫歯ですが、まだ穴が空いたり黒くなったりしていません。この段階であれば、フッ素入り歯磨き剤を使って歯を磨けばエナメル質の再石灰化が可能です。

C1(エナメル質う触)
C1(エナメル質う触)虫歯菌により歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされた状態で、小さな穴ができています。穴は象牙質に達していませんので、痛みはありません。この段階では治療が必要となり、感染部を最低限削り、保険適用の白い詰め物をすれば終了です。

C2(象牙質う触)
C2(象牙質う触)虫歯がエナメル質の下にある象牙質にまで達している状態です。この段階になると冷たいものや甘いものがしみ、触れると痛みを感じます。
治療は、虫歯が小さければ保険適用の白い詰め物を入れて完了します。深部まで広がっている大きな虫歯は麻酔をかけて削って薬を入れ、詰め物を装着して終了です。

C3(神経まで達したう触)
C3(神経まで達したう触)エナメル質と象牙質を溶かして、虫歯が神経にまで達した状態です。激しい痛みを伴うことが多く、神経が壊死してしまうと根の外で炎症を起こし、膿が出たり歯ぐきが大きく腫れたりします。
この段階では根管治療が必要です。麻酔をかけて壊死した神経や膿を除去し、根の中の汚れを取り除いてから被せ物を装着します。

C4(残根状態)
C4(残根状態)ほとんどの歯が溶かされ、根だけが残っている状態です。この段階になると治療が難しく、多くの場合抜歯となります。歯質が残っていて治療が可能であれば根管治療を行い、被せ物を装着して保存します。

最新の高性能顕微鏡で精度の高い確かな治療【マイクロスコープ】

歯科治療は、細かい作業を必要とする治療です。
マイクロスコープの有効性

特に歯の根は、肉眼では確認できないため治療が難しく、ドクターの技術力に左右されています。そんなときに頼りになるのが「マイクロスコープ」です。高精度の顕微鏡で、今まで確認できなかった神経の入り口なども発見することができます。

マイクロスコープとは?
マイクロスコープとは、歯や口腔内を拡大して見ることができる、高精度の顕微鏡です。最大で20倍まで拡大することができ、今まで肉眼では確認できなかった、歯の細かな凹凸や隠れている根管まで発見することができます。また、補綴物と歯肉との間にできる隙間も確認することができるので、精度の高い治療が可能です。

診断の精度を高めることで、歯の組織への細かい診断や処置が可能となり、より安全な治療方法やアプローチが実現できます。

マイクロスコープの有効性


アメリカでの普及は、ほぼ100%
診断の精度を高め、予後の高い治療を可能にしてくれるマイクロスコープは、歯科医療の先進国・アメリカでは、ほぼ100%の歯科医院で導入しています。しかし、日本で導入している歯科医院は、そう多くはありません。その理由は、機器が高額で使いこなすためのトレーニングが不可欠だからだといいます。

マイクロスコープ2014年9月18日 日経新聞
日本ではわずか3%の歯科医院でしか導入されていません。
←クリックで拡大します

さまざまな治療におけるマイクロスコープの有効性

マイクロスコープの有効性●お口の中を患者さん自身が確認できる

当院では、眼科や脳外科手術などで使用するマイクロスコープと同じものを導入しています。最大、肉眼の約20倍まで拡大できるので精密な診断ができます。

また、マイクロスコープにはCCDカメラが搭載されています。治療中、虫歯や根管の状態をモニターに映し出し、患者さんのお口の中を一緒に確認していただくことができます。

万が一、抜歯が必要でも、お口の中の映像や静止画像を見ていただくことで、その理由を心から納得していただけると思います。

※保険診療の場合、マイクロスコープは使用していません。ご了承ください。

【虫歯治療】削る量は最小限、悪い部分だけ確実に治療する
●虫歯になっている部分を確実に見極められる
●削る量を最小限にできる

治療後の再感染を防ぐためにも、詰め物や被せ物を入れたときに、隙間がないことが重要です。マイクロスコープでは、削る面を最大20倍に拡大することができるので、切除面を細密に形成することが可能となります。

【根管治療】
●確実に治療の成功率が高くなる
●歯を残せる可能性が向上

マイクロスコープは、主に根管治療に使用されます。通常、根管は細くて肉眼では深部まで確認できません。そのため根管治療は手さぐりの状態で行われ、非常に困難な治療です。そこでマイクロスコープを使い、歯の内部を拡大すると、治療の精度が高まり、確実な処置が可能となります。
症例

【審美歯科】美しい仕上がりだから、どこが治療箇所かわからない
●天然歯と見間違える美しい仕上がり
●わずかな不適合部分も見逃さず、長持ちさせることができる

詰め物や被せ物を入れるとき、肉眼では確認できないようなミクロ単位の隙間が残っていると、外れてしまったり、そこから細菌が入り込んだり、再感染したりと、トラブルの恐れがあります。マイクロスコープを使用することで、治療後の不具合を回避することができ、より完成度の高い審美歯科治療を実現することができます。

【口腔外科】治療後の痛みや腫れも少なく
●余計な損傷を起こしにくい
●術後の痛みや腫れを最小限に抑える

よく見えた中で、マイクロスコープを使って処置ができるため、余計な損傷も起こしにくく、術後の痛みや腫れも最小限に抑えることができます。

【インプラント】術後の腫れや痛みが抑えられる
●最少のリスクでインプラント手術ができる

従来、骨移植とインプラント埋入を別々に行うサイナスリフトと呼ばれる上顎洞のインプラント手術は、術後に痛みや腫れが伴うため患者さんにストレスを与えてしまいます。マイクロスコープを使用し、よく見えた環境下で治療をすることによって、術後の腫れや痛み、心的ストレスを最小限に抑えることができるため、術後の経過も良好になります。また傷口も、従来の手術より早く回復することができます。前歯のように、審美性が重要なインプラント治療には有効な方法といえます。

【当院の特徴】充分な説明でご納得いただいてから治療スタート

●治療内容に納得してから治療を始める
●37インチのモニターを見ながら、口腔内写真で虫歯を確認できる

治療の流れ

当院では、適切な処置を施すために、事前カウンセリングを実施しています。カウンセリングでは必要な治療内容を説明し、患者さんのご要望をお伺いしていきます。

虫歯があるからといってすぐに治療を始めることはありません。患者さんのご理解・ご了承の上で、治療を進めていきます。もちろん、腫れや強い痛みがある場合は、この限りではありません。まず応急処置を行い、症状を緩和させたあとにカウンセリングを行います。

虫歯の大きさをご自身の目で確認していただく
治療の必要性をご理解いただくには、虫歯の状態をご自身の目で見ることが、最も効果的な方法です。しかし実際には、お口の中の状態を自分で確認することが難しく、虫歯があることさえわからない場合があります。そこで当院では、口腔内写真でお口の中を撮影し、モニターに写し出し、その場で状態を確認していただきながら説明いたします。

治療は患者さんのご理解と同意を得た上で進めていきます。少しでも気になることがありましたら、遠慮せずにご相談ください。

具体的な治療の流れ

【1】お電話や申込みフォームからのご予約を受け付けています
治療の流れ
相談したいことなどもお気軽にお問い合わせください。

次へ

【2】カウンセリング
治療の流れ まずは予診表にご記入ください。ご来院された理由、現在の症状、妊娠やアレルギーの有無など、健康上または治療を受ける際に注意させていただく点などについてご質問します。それをもとにスタッフがより詳しくカウンセリングを行います。

次へ

【3】必要であれば、応急処置を行います
治療の流れ 「痛みが強い」「腫れている」などの症状がある場合は、それらの症状を早急に改善するために応急処置を行います。このような症状の場合、虫歯などで症状が悪化している場合が多いので、麻酔して痛みを軽減します。

次へ

【4】患者さんの症状に必要な検査をします
治療の流れ 治療前に患者さんの症状に必要な検査の種類と目的をご説明します。今後の治療方針を決めるために必要なレントゲンや問診などで正確に把握し、確認します。

次へ

【5】検査結果をもとに治療計画を立てます
治療の流れ 検査結果をもとに、現在の口腔内の状態についてご説明します。今後の治療方針については、患者さんのご希望を十分にお聞きして、治療方法や期間、費用などをご説明してから治療に入ります。

次へ

【6】治療計画にもとづき、治療を行います
治療の流れ 治療終了後に、治療前の状態から完治までの経過をレントゲンなどを使って把握してもらいます。また、再発を防ぐために治療後に気を付けてもらいたいことなどをわかりやすくご説明します。

次へ

【7】アフターケア&メインテナンス
治療の流れ せっかく治療が終了しても、生活習慣やブラッシングなどを以前と同じように続けていてると再発の可能性があります。また、加齢による口腔内の変化で、治療後の歯の状態を保ち続けることは大変です。

そのため当院では、定期的に歯石の除去などの予防歯科をアドバイスします。

治療は患者さんのご理解と同意を得た上で進めていきます。少しでも気になることがありましたら、遠慮せずにご相談ください。

審美歯科治療ってなんだろう?

「歯の色がくすんでいるので笑顔に自信が持てない」「スマイルラインがキレイな口元になりたい」
こうした口元の悩みを解消してくれる治療が、審美歯科治療です。
審美歯科

審美歯科治療とは、歯や口元の美しさを重視した治療で、歯並びや歯の形・色を揃えることで口元が美しくなり、明るい印象を与え、魅力を引き出してくれる治療です。

異なった色を何層にも重ねることで、自分の歯の色と同じ色を再現します。
クラウンレアリング法

口元は、その人の品の良さを左右する場所
歯の色の黄ばみやクスミは、お顔の印象を暗くし、不健康そうに見えてしまいます。また、歯の色にコンプレックスがあると、無意識に口元を隠したり、笑顔が不自然になったりするため、周りの人に悪い印象を与えてしまいがちです。

これまでに多くの患者さんを診てきましたが、審美歯科治療を受けて口元がキレイになったほとんどの方は、自然と笑顔が増え、どんどん素敵に変わっていきます。少しでも、口元の悩みを抱えている方のお役に立ちたいと思います。

詰め物や被せ物が目立たない白い歯に

【オールセラミック】自然歯のように白く美しい歯
オールセラミック
素材にセラミック(陶器)を使った、審美性の高い人工歯です。金属を一切使わないメタルフリーですので、金属アレルギーがある方でも安心してお使いいただけます。色調が豊富で自然な色合いを再現することができるので、主に前歯の治療に使われます。なお、強い力が加わると欠けることがありますので、注意が必要です。

前歯の治療に適している
金属アレルギーのある方におすすめ
強い力がかかると欠けることがある

【メタルボンド】金属とセラミックを用いているので強度が高い
メタルボンド
セラミック製の人工歯で、金属の上からセラミックを覆うことで、強度を高めています。一般的によく使用されていて、変色や色素の付着が少ない人工歯です。

丈夫で硬く、摩耗しにくい
変色や色素付着の心配がない
内側の金属によって、歯ぐきや歯が少し黒ずんで見える場合がある
金属アレルギーのある方には向かない

【金合金】奥歯などの目立たない部位にはこちら
金合金
天然歯に勝るとも劣らない硬度があり、特に噛み合わせたときに負担がかかりやすい奥歯の治療に適しています。金の含有量が多くソフトな噛み心地が特徴です。噛み合う相手の歯にも優しい被せ物といえます。また、銀歯に比べると金属アレルギーになりにくい素材といえます。

【銀歯】保険で適用される被せ物
銀歯
保険適用の被せ物です。通常であれば、問題なくお使いいただけます。ただし、デメリットとして審美性や適合性に欠ける点があげられます。

【ラミネートベニア】歯の表面を薄く削り、白いセラミックを貼り付ける
ラミネートベニア
ネイルチップ(付け爪)のように、歯の表面につける"付け歯"のようなものです。すきっ歯のような歯に隙間があるとき、ラミネートべニアを貼り付けて、隙間を隠すことができます。

歯を削る量が少なく、治療回数を減らすことが可能
ホワイトニングに比べ後戻りがない
すきっ歯などの小さな乱れを、矯正治療を行わずに短期に治すことができる

大人の矯正について

矯正治療は何歳まで受けられますか?

矯正歯科治療には年齢制限はありません。どなたでも受けられる治療です。最近では50代、60代を過ぎてから治療を始められる方も増えてきています。

また、歯並びや噛み合わせが悪いまま過ごしていた期間が長いと、歯や歯ぐきの状態に少なからず悪影響を及ぼします。特に若い頃は歯並びが良かったのに、最近になって歯がずれてきたという方は、要注意です。歯ぐきの状態が悪くなると、歯を支えていた骨が少しずつ失われてしまい、歯が動いてしまいます。

確実に言えることは、なるべく軽症の内に処置する程治療の効果は上がります。状態によっては難易度にかなり差が生じますので、まずはお気軽にご相談ください。
 

ブリッジやインプラントがあります。矯正治療はできますか?

問題なく矯正治療を行うことができますが、矯正治療で歯並びを整えてからブリッジを作り直す必要があります。

また、天然歯(治療をしていない歯)と比べて接着剤が付きにくいため、何度か治療途中で矯正装置が外れてしまう可能性があります。外れたときには再度接着剤で付け直せば問題ありません。
 

装置が目立つのが気になります。

矯正装置や治療期間を考えると、矯正治療を躊躇してしまう方が多いと思います。今や目立たない矯正装置や様々な治療方法が選択できる時代です。患者さんのライフスタイルに合わせてご希望の装置をお選びいただけます。

歯の色に近い矯正装置や透明な矯正装置などを使用すれば、あまり目立たずに済みます。まずは、お気軽にご相談ください。
 

矯正期間中に妊娠した場合は?

特に問題はありませんが、妊娠がわかりましたら、早めに担当の歯科医師にご相談ください。しかし、レントゲン写真を撮ることはできるだけ避けた方が安心です。

矯正装置を付けることにより、口の中の細菌が増えたり磨きにくくなるため、虫歯や歯周病といったお口の中の病気になりやすくなります。さらに、妊娠に伴うホルモンバランスの変化、つわりなどによる食の変化によって、虫歯、歯周病のリスクが高まります。よって、特にメインテナンスの注意が必要です。

つわりが激しい時期など長時間の診療が難しい状況や、臨月から産後までの時期に、通院が難しい状況では治療を一時中断する場合があります。
 

外科手術が必要な矯正があると聞いたのですが......

外科矯正は、手術によってあごの形を変えていきます。受け口の方の場合、歯並びはもちろん、あごの出た感じが改善されます。手術を行わない矯正治療だけでは、受け口を治すことはできますが、あごの出た感じは変わりません。

もし、あごが出ていることが最も気になっており、それを治したいのであれば、手術をすべきだといえます。受け口で食べ物がよく噛めないようでしたら、矯正だけでも良いかもしれません。
 

装置が壊れたらどうすればよいのですか?

修正しますので、なるべく早くご連絡ください。矯正装置は入れ歯などと異なり、耐久性を求めることが目的の装置ではなく、矯正治療期間内にだけ効果を発揮する器具です。そのため、治療中に壊れてしまう可能性があることのご理解をお願い申し上げます。

いずれにしても装置が壊れた、外れた場合は、なるべく早くご連絡ください。次回のお約束日にでも大丈夫な場合と、至急修正する必要がある場合がございます。

まずは状態をお聞きいたしますので、必ずご連絡ください。
 

矯正治療では抜歯が必要だと聞いたのですが......

治療上必要があれば抜くことがあります。

できる限り歯を抜かないで治療をしたいと望むことは、矯正医も患者さんも同じ気持ちです。あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪い場合、あごの大きさを横に拡げ、歯を後ろに動かすことで隙間を作ることができれば、歯を抜く必要はありません。

しかし、隙間を作れない場合や、口元が前に出ていることを改善したい方は、抜歯が必要な場合もございます。

子どもの矯正について

矯正歯科治療を始める時期はいつが最適ですか?

一般的な矯正治療を始める適齢期は7~12歳頃です。前から数えて7番目の永久歯にあたる、12歳臼歯の歯根が2/3ほど完成する時期に相当します。

今後どのような治療が必要かを知ることが大切
歯並びが悪くなる原因、あるいは状態や症状は一人ひとり異なるため、治療開始時間も一定ではありません。一般的には、お子さんのお口の中の状態を見ながら、適切な時期に治療を始めます。生活習慣上のちょっとした工夫でも、先々のお子さんの「歯」への影響は大きいです。また、今後どのようなタイミングで治療をしていくべきかのプランをこの段階で持つことは、一生使い続けていく「歯」にとってはとても大切です。

早い時期からご相談いただければ、適切な治療開始時期を見極めることができますので、ぜひ一度ご相談ください。
 

子どもの頃から矯正治療を始めるメリットは?

●あごの成長のバランスを整え、美しい顔立ちに導くことができる。
●永久歯を抜かずに治療できる可能性が高まる。
●永久歯での矯正期間が短くなる。

早期治療により正常な発育を妨げる歯並びや癖を改善し、あごやお顔の成長のバランスを整えます。また、放っておいた結果、外科的な手術をしなければ治らないようなケースを回避することができます。

幼い頃から自分の歯のことを知り、正しくケアをすることにより、健康な歯を維持できるようになります。
 

子どもの治療の流れについて教えてください。

子どもの矯正の場合、初めからワイヤーの装置を着けて治療をスタートするわけではありません。小児矯正は大きく、次の2つのステップに分かれます。

ステップ1/第1期治療(学童期)
この時期は、成長とともに状態を悪化させる要因を取り除き、その後の成長発育ができるだけバランスのとれたものとなるように軌道修正をする期間です。第1期治療が良い結果になると、第2期治療では永久歯を抜かずに治療ができる可能性が高まります。

ステップ2/第2期治療(中学生以降)
大人の矯正と同じです。上下すべての歯にブラケットを装着し、全体の噛み合わせを改善し、仕上げます。※初診時に永久歯が生え揃っている方は第2期治療からとなります。
 

骨格的な受け口はどのようにするの?

上あごの成長を促進させる装置を使う
骨格的な受け口と診断された場合、まず成長の弱い上あごを余分に成長させるために、前方へ引っ張る装置を利用します。それと並行して上の前歯の角度を唇側へ傾け、上の前歯が下の前歯の外側に出るようにします。下あごと上あごの前後的バランスが取れるようになるまで、成長の促進をさせることが今後の安定につながります。

見た目の歯の位置が正しく見えても、レントゲン上での骨格の前後的バランスのチェックが重要です。

下あごの骨格形成がどこまで進むか?
成長途中の下あごがどこまで大きくなるのか、現在の医療では判断できません。つまり、完全に骨格の形成が終了するまで(個人差はありますが、確定できるのは成人する頃まで)、あごの前後的な位置は確定しません。それぞれのあごの骨の中にある歯を並べても、土台となる骨格がずれてしまえば、噛み合わせが合わなくなってしまう可能性があります。

特に幼少期に骨格的な受け口であったお子さんの場合、DNA上の情報に従って骨格は形成されるため、そのお子さんは元々下あごが大きめに形成される可能性が高く、一時的に見た目が改善されても、その噛み合わせで成人後も安定するかはわかりません。

将来手術が必要な場合もあります
最も心配なケースは、体の成長は止まっても下あごのみ前方へ成長する場合があることです。このケースはDNA上の異常によって起こりますが、成長しなければわからない病気です。残念ながらこのケースに該当すると、成人後に下あごを小さくする外科処置を受けないと前歯が噛み合わなくなってしまいます。

中学生、高校生の時期になって、徐々に下あごだけが前方に出てくるようであると、将来手術の可能性が出てきますので、基本的には下あごの成長が止まるまで経過観察となります。
 

矯正中の虫歯予防はどうしたらいいですか?

矯正装置がお口の中にあると、慣れない内は歯磨きに苦労します。それが原因で虫歯になるお子さんも少なくありません。

矯正治療を始める前には歯科衛生士によるブラッシング指導を行い、歯磨きのコツを丁寧にお教えいたします。さらに1か月に一度、磨き残しがある場所を丁寧にお掃除し、フッ素塗布や歯の表面のコーティングを行っております。

歯並びや噛み合わせで悩んでいる方へ

「歯並びが気になってコンプレックスになっている」「噛み合わせが悪くて、食べ物が上手く噛めない」
こうした歯並びや噛み合わせの悩みを抱えている方はいませんか? そんな方に最適な治療が矯正治療です。
 矯正治療

歯並びが悪いと・・・
歯並びが悪いと、虫歯や歯周病になりやすく、食べ物を上手く噛み切ることができなくなってしまいます。喋るときも、言葉が漏れてしまい、発音にも支障が伴います。

また、お子さんの成長にも悪い影響を与え、悪い歯並びをそのままにしておくと、顎の成長が阻害され、発育不良になることも。さらに、悪い歯並びは肉体面だけでなく、心理的にも悪い影響を与え、見た目の悪さからコンプレックスに感じる方も少なくありません。

矯正治療は歯並びをキレイに整え、本来の顔立ちへと導いてくれます。また、噛み合わせを正しい位置に戻すことで、しっかりと噛めるようになり、消化器官にかかる負担も軽減してくれます。

当院では、矯正治療の「認定医」による高度な矯正治療を行っています。お子さんから成人の方まで、一人ひとりの症状に合わせた治療を行っていますので、お気軽にご相談ください。

矯正歯科医について

「矯正は抜歯が必要」と思っている方へ

 矯正治療矯正治療は、健康な歯を抜いて歯並びを治す治療、と思われている方はいませんか? 確かに、正しい位置に歯を動かすためには抜歯も必要ですが、必ずしもそうとは限りません。当院では、できるだけ歯を抜かない矯正治療を心がけています。

できるだけ体にダメージがかからない治療を望むのは、矯正歯科医も同じこと。抜歯を必要としない患者さんに、あえて抜歯をおすすめすることはありません。綿密な治療計画を立て、高度な矯正技術を駆使することで、抜歯をせずに矯正治療が進められるのです。

どうしても歯を抜かなければならないときは
時にはきちんと機能する歯並びを目指すには、どうしても歯を抜かなければならないこともあります。また、抜歯をすることで治療期間の短縮につながり、治療後の後戻りを抑える効果があることも事実です。

それゆえ、歯を抜く・抜かないの見極めは重要ともいえ、仕上がりにも大きな影響を与えます。当院では、患者さんに納得していただける矯正治療を行うために事前検査を行い、お口の中の状態を正確に把握した上で、ベストな治療計画をご提案するように心がけています。

歯の締め付けを減らす。痛みの少ない矯正を

 矯正治療矯正治療は専用の器具やワイヤーを使い、歯を動かしていく治療です。痛みが伴うのは仕方がないこと。しかし、器具や装置の改良により、最近では痛みの少ない矯正治療が可能となってきました。

当院では、できるだけ痛みの少ない治療を行っています。できるだけ柔らかいワイヤーを使い、時間をかけて無理のない力をゆっくりと加えていくので、痛みなどの違和感を緩和することができます。また、装置の締め付けを減らしたり、最新技術を駆使したりと、できるだけ穏やかな力で歯を動かしていきます。

治療中の『痛み』に対する取り組み
・柔らかいワイヤーを使用
・締め付けをきつくしない
・「どんな痛みがあるか?」「何日くらい続くか?」をシッカリご説明

矯正治療の流れ

1.カウンセリング
 矯正治療患者さんの歯並びや噛み合わせで最も気になる点を確認し、必要な治療方法や矯正装置の装着期間や治療期間・費用についての概略を説明いたします。

矯正治療について興味や関心をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。矯正治療についてご理解・ご納得の上で、治療を受けていただきたいと思います。

次へ
2.検査・診断
 矯正治療模型診査・レントゲン診査・写真診査・問診表をもとに、治療方法を診断・分析します。分析結果は画像をお見せしながら説明し、併せて治療期間や料金も提示いたします。これらをもとに、治療を受けるかどうかを患者さんご自身で判断していただきます。治療費用のご相談も承っておりますので、分割でのお支払いご希望のときはお気軽にご相談ください。

次へ
3.動的治療
 矯正治療矯正装置を装着し、歯を動かすための治療が始まります。効果的に動かすには矯正装置の定期的な調整が必要となりますので、月に一度来院していただきます。また、装置を装着していると歯ブラシが当たりにくく、汚れが残りがちです。当院では来院時には歯磨き指導や歯のクリーニングなどを行い、矯正治療中の虫歯予防に努めています。

次へ
4.保定
 矯正治療矯正装置で歯がきれいに揃ったあと、動いた歯がその場所に落ち着くまでには2~3年かかります。取り外しができる保定装置を使い、歯を固定させます(保定期間)。この期間は、半年に一度、通院して状態を確認します。

なるべく短い期間で治療を終わらせたい方に

 矯正治療矯正装置を装着する期間を聞かれることがありますが、症状ごとに異なりますので一概に何年と言い切ることはできませんが、一般的な矯正装置の装着期間は、2年から2年6か月です。とはいえ、歯並びや噛み合わせ、顎関節の状態によっては、さらに時間を必要とする場合があります。

治療期間をなるべく短くしたい方に インプラント矯正
インプラント矯正とは、ミニインプラント(人工歯根)を、上顎奥のあごの骨の中に埋入し、それを支柱として歯を動かす矯正方法です。インプラントを支えとすることで矯正力が働き、従来の矯正治療では実現できなかった"複雑な歯の移動"を可能としました。これにより、治療期間が短縮でき、外科手術が必要な難治症例さえ、手術を回避できるケースが増えています。

インプラント矯正のメリット
・従来よりも治療期間が短縮される
・装着する矯正装置が少なくなる
・不動の支柱が確保され、抜歯の可能性が高くなる
・従来に比べ外科的なアプローチに頼らず、矯正歯科単独で治療が完結できる可能性が高くなる

インプラント矯正のデメリット
・インプラントを埋入するために外科手術が伴う
・歯肉炎などを防ぐために、術後はインプラント周囲を清潔に保つ必要がある
・インプラントが脱落した場合は、場所を変えて再埋入の必要がある

インプラント矯正について詳しい説明が必要な方は、お気軽にご相談ください。

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約