【根管治療】歯を抜かずに、残す治療

「虫歯が悪化して、歯を抜くしかないといわれた」
「神経を取ったのに、痛みが取れない」
「神経を取っているのに、歯ぐきが腫れる」
「何回も根の治療をしているのに、再発してしまう」
 根管治療

歯の治療後の悩みやトラブルを訴える患者さんは少なくありません。痛みがあるまま放置していると、歯の神経が死んでしまい、歯の根の先が膿んで歯ぐきが腫れてしまいます。治療が難しくなるだけでなく、最悪、歯を抜かなければなりません。

こうした、歯の状態が悪化したときに行う治療が「根管治療」です。これは、歯科治療における「最後の砦」とまでいわれる治療で、適切な処置を行うことで、重症化した歯を救うことができます。


歯を残すための「根管治療」
壊死した歯の神経を取り除き、歯の根をキレイに洗浄・殺菌したあと、歯の寿命を引き延ばすための治療です。神経にまで達している虫歯を放置していると、最終的には抜歯をしなければなりません。こうした状況を防ぎ、ご自身の歯を残すことができる治療が根管治療です。
症例

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約