治療ではどんなことをするの?

 根管治療根管治療の処置は、歯の状態などにより治療手順や通院期間が異なりますが、一般的には次のような流れです。

まず、歯の神経が通っている管(根管)を専用器具できれいに洗浄し、汚れを完全に取り除きます。その後、薬を充填して詰め物を被せます。なお治療前に麻酔をかけますので、処置中の痛みはほとんどありません。

根管治療の流れ
1. 感染予防のため、ラバーダムを使用して、だ液などの感染を防ぐ
2. 虫歯感染部分を専用器具で除去する
3. 治療しやすいように、神経のスペースに穴をあける
4. リーマーという器具を使い、根の感染部を除去する
5. 炎症が起きている根管の先まで薬を充填し、細菌感染を防ぐために根管内を塞ぐ
6. 根管治療後の歯は、状態により詰め物・被せ物を取り付ける

ラバーダムとは?
ラバーダムというのは、ゴムでできたシートを留め、虫歯になった歯と健康な歯を隔離し、無菌的な状態を確保する方法です。歯は体の中にありますから、歯の神経治療は外科処置にあたります。したがってできる限りバイ菌の進入を防ぎ、きれいな状態にして治療を行います。

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約