治療は、歯周病を治してからがスタートです

歯周病が改善してから、人工歯や詰め物を入れる
 歯周病治療歯周病を治療せずに虫歯治療を行うことは、大変危険です。将来、歯周病が進行したとき、せっかく虫歯を治療しても、歯が抜け落ちてしまう恐れがあります。当院ではこうしたことを防ぐために、歯肉の状態を改善してから詰め物を被せています。

当院では適切な治療を行うために、初診時に歯周病検査を行います。歯肉の状態を確認し、併せてブラッシング指導を行いながら、患者さんが歯肉を健康な状態に回復させたあとに、初めて治療を開始いたします。

なお強い痛みや腫れなどが伴う場合には、まず応急処置を施したあと、歯肉の改善を行います。


歯周病の予防方法
●正しく歯を磨く
虫歯予防の第一歩は、歯磨きから始まります。しかし、間違った歯磨きを続けていると、かえって歯や歯肉を傷つけ、お口の中のトラブルにもなりかねません。当院では、患者さん一人ひとりのお口の中の状態に合わせた歯磨き指導を行っています。

●生活習慣の改善
食生活や十分な睡眠、適度な運動やストレスをできるだけためない。歯磨きも毎日行うことの一つですので、生活習慣病といっても過言ではありません。普段の生活習慣を見直すことが大事です。

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約