指にも1本1本役割があるように、歯にも1本1本役割がある

症例
下あごの前から6番目の歯が抜けた場合、治療をせずに放置していると、噛み合わせが悪くなるだけでなく、さまざまな弊害が現れてきます。

(1)噛み合わせる下の歯がないので、上の歯が伸びてきてしまう
上の歯は、噛み合う相手を探すため、下の歯に向かって伸びてきて、噛み合わせが狂い始めます。時間が経ってから入れ歯などを入れる場合は、上の歯を削って噛み合わせを調整する必要があります。

(2)一番奥の7番目の歯が、抜けた歯のスペースに倒れこんでくる
倒れた歯を正しい位置に戻すために、矯正治療が必要です。

(3)反対側で噛むようになると体のバランスも悪くなる
噛み合わせが悪くなると、全身のバランスや健康にも大きな影響を与えます。

歯には重要な役割があり、噛み合わせが狂うと歯の機能が失われ、健康を害する恐れがあります。健康な生活を送るためにも、歯の大切さを再認識する必要があるといえるでしょう。

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約