最新の高性能顕微鏡で精度の高い確かな治療【マイクロスコープ】

歯科治療は、細かい作業を必要とする治療です。
マイクロスコープの有効性

特に歯の根は、肉眼では確認できないため治療が難しく、ドクターの技術力に左右されています。そんなときに頼りになるのが「マイクロスコープ」です。高精度の顕微鏡で、今まで確認できなかった神経の入り口なども発見することができます。

マイクロスコープとは?
マイクロスコープとは、歯や口腔内を拡大して見ることができる、高精度の顕微鏡です。最大で20倍まで拡大することができ、今まで肉眼では確認できなかった、歯の細かな凹凸や隠れている根管まで発見することができます。また、補綴物と歯肉との間にできる隙間も確認することができるので、精度の高い治療が可能です。

診断の精度を高めることで、歯の組織への細かい診断や処置が可能となり、より安全な治療方法やアプローチが実現できます。

マイクロスコープの有効性


アメリカでの普及は、ほぼ100%
診断の精度を高め、予後の高い治療を可能にしてくれるマイクロスコープは、歯科医療の先進国・アメリカでは、ほぼ100%の歯科医院で導入しています。しかし、日本で導入している歯科医院は、そう多くはありません。その理由は、機器が高額で使いこなすためのトレーニングが不可欠だからだといいます。

マイクロスコープ2014年9月18日 日経新聞
日本ではわずか3%の歯科医院でしか導入されていません。
←クリックで拡大します

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約