さまざまな治療におけるマイクロスコープの有効性

マイクロスコープの有効性●お口の中を患者さん自身が確認できる

当院では、眼科や脳外科手術などで使用するマイクロスコープと同じものを導入しています。最大、肉眼の約20倍まで拡大できるので精密な診断ができます。

また、マイクロスコープにはCCDカメラが搭載されています。治療中、虫歯や根管の状態をモニターに映し出し、患者さんのお口の中を一緒に確認していただくことができます。

万が一、抜歯が必要でも、お口の中の映像や静止画像を見ていただくことで、その理由を心から納得していただけると思います。

※保険診療の場合、マイクロスコープは使用していません。ご了承ください。

【虫歯治療】削る量は最小限、悪い部分だけ確実に治療する
●虫歯になっている部分を確実に見極められる
●削る量を最小限にできる

治療後の再感染を防ぐためにも、詰め物や被せ物を入れたときに、隙間がないことが重要です。マイクロスコープでは、削る面を最大20倍に拡大することができるので、切除面を細密に形成することが可能となります。

【根管治療】
●確実に治療の成功率が高くなる
●歯を残せる可能性が向上

マイクロスコープは、主に根管治療に使用されます。通常、根管は細くて肉眼では深部まで確認できません。そのため根管治療は手さぐりの状態で行われ、非常に困難な治療です。そこでマイクロスコープを使い、歯の内部を拡大すると、治療の精度が高まり、確実な処置が可能となります。
症例

【審美歯科】美しい仕上がりだから、どこが治療箇所かわからない
●天然歯と見間違える美しい仕上がり
●わずかな不適合部分も見逃さず、長持ちさせることができる

詰め物や被せ物を入れるとき、肉眼では確認できないようなミクロ単位の隙間が残っていると、外れてしまったり、そこから細菌が入り込んだり、再感染したりと、トラブルの恐れがあります。マイクロスコープを使用することで、治療後の不具合を回避することができ、より完成度の高い審美歯科治療を実現することができます。

【口腔外科】治療後の痛みや腫れも少なく
●余計な損傷を起こしにくい
●術後の痛みや腫れを最小限に抑える

よく見えた中で、マイクロスコープを使って処置ができるため、余計な損傷も起こしにくく、術後の痛みや腫れも最小限に抑えることができます。

【インプラント】術後の腫れや痛みが抑えられる
●最少のリスクでインプラント手術ができる

従来、骨移植とインプラント埋入を別々に行うサイナスリフトと呼ばれる上顎洞のインプラント手術は、術後に痛みや腫れが伴うため患者さんにストレスを与えてしまいます。マイクロスコープを使用し、よく見えた環境下で治療をすることによって、術後の腫れや痛み、心的ストレスを最小限に抑えることができるため、術後の経過も良好になります。また傷口も、従来の手術より早く回復することができます。前歯のように、審美性が重要なインプラント治療には有効な方法といえます。

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約