子どもの治療の流れについて教えてください。

子どもの矯正の場合、初めからワイヤーの装置を着けて治療をスタートするわけではありません。小児矯正は大きく、次の2つのステップに分かれます。

ステップ1/第1期治療(学童期)
この時期は、成長とともに状態を悪化させる要因を取り除き、その後の成長発育ができるだけバランスのとれたものとなるように軌道修正をする期間です。第1期治療が良い結果になると、第2期治療では永久歯を抜かずに治療ができる可能性が高まります。

ステップ2/第2期治療(中学生以降)
大人の矯正と同じです。上下すべての歯にブラケットを装着し、全体の噛み合わせを改善し、仕上げます。※初診時に永久歯が生え揃っている方は第2期治療からとなります。
 

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約