なるべく短い期間で治療を終わらせたい方に

 矯正治療矯正装置を装着する期間を聞かれることがありますが、症状ごとに異なりますので一概に何年と言い切ることはできませんが、一般的な矯正装置の装着期間は、2年から2年6か月です。とはいえ、歯並びや噛み合わせ、顎関節の状態によっては、さらに時間を必要とする場合があります。

治療期間をなるべく短くしたい方に インプラント矯正
インプラント矯正とは、ミニインプラント(人工歯根)を、上顎奥のあごの骨の中に埋入し、それを支柱として歯を動かす矯正方法です。インプラントを支えとすることで矯正力が働き、従来の矯正治療では実現できなかった"複雑な歯の移動"を可能としました。これにより、治療期間が短縮でき、外科手術が必要な難治症例さえ、手術を回避できるケースが増えています。

インプラント矯正のメリット
・従来よりも治療期間が短縮される
・装着する矯正装置が少なくなる
・不動の支柱が確保され、抜歯の可能性が高くなる
・従来に比べ外科的なアプローチに頼らず、矯正歯科単独で治療が完結できる可能性が高くなる

インプラント矯正のデメリット
・インプラントを埋入するために外科手術が伴う
・歯肉炎などを防ぐために、術後はインプラント周囲を清潔に保つ必要がある
・インプラントが脱落した場合は、場所を変えて再埋入の必要がある

インプラント矯正について詳しい説明が必要な方は、お気軽にご相談ください。

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約