叢生(歯がデコボコ)

症例
8歳女子 八重歯で奥歯の一部でしか咬んでいませんでした。
動的期間12ヶ月/費用:420,000円

反対咬合(受け口)

症例
20代男性 反対咬合でしたが、外科手術なしで噛み合わせを再構成できました。
動的期間:約2年/費用:735,000円~

叢生(歯がデコボコ)

症例
30代女性 歯列不正により笑顔が暗い感じになっていましたが、矯正治療により素敵な笑顔を獲得しました。その後、当院で虫歯の治療を一緒にしているので、最小限の修復で治療を行えました。当院には矯正認定医と審美補綴を得意としているドクターがいるので、スムーズな連携が可能です。
動的期間:1年6ヶ月/費用:735,000円~

開咬(前歯がうまく閉じられない)

症例
20代女性 前歯が空いていて奥歯の一部でしか咬んでいませんでした。
動的期間:12ヶ月

叢生(歯がデコボコ)

症例

オールセラミックス

症例1
症例
50代女性 上顎右側5番 e-MAX修復
治療期間:約1ヶ月/費用:約117,600円~

症例2
症例
30代女性 上顎両側中切歯をファイバーポストにて補強 e-MAXレイアリング修復
治療期間:約3ヶ月/費用:約159,600円~

ジルコニア

症例1
症例

40代女性 上顎右側中切歯をジルコボンドにて修復、また隣在歯のプラスチックの不自然な詰め物もダイレクトボンディングで再修復しました。
費用:約159,600円~

症例2
症例

50代女性 上顎に5本のメタルボンドが装着されていましたが、色調や形態が不自然だったので、ジルコボンドにて再修復いたしました。
費用:約159,600円~

症例3
症例

20代女性 幼少期に事故で前歯を2本失ってしまい、6前歯でブリッジを装着していましたが、不適合のため中で虫歯が進行し、根管の中にも細菌が進行して、ブリッジの支えの歯はすべて膿胞ができていました。マイクロスコープ下で虫歯の除去、根管治療などすべての処置を行い、ジルコボンドのブリッジで審美的に再修復を行いました。

症例4
/images/case4.jpg

症例5
症例

おせんべいを食べて、歯が折れてしまった患者さんです。気になっていた隣の歯の色も合わせ、ジルコニアを被せました。歯の長さも左右違っていたので、歯肉の形も修正しました。金属を使っていないので裏写りせず、仕上がりがきれいなのが特徴です。

症例6
症例

50代女性 不自然な前歯の被せ物や奥歯の欠歯など、機能的にも審美的にも問題を抱えたケースでした。奥歯のないところにはインプラント治療を行い、歯牙があるところは歯周治療、歯内療法(根管治療)、ジルコニアを中心とした補綴治療を行いました。

インプラント

症例1
症例


70代女性 歯周病と歯根破折により上顎の奥歯を4本失ってしまいましたが、デンタルインプラント治療により失った奥歯を取り戻しました。フルジルコニアクラウンのスクリューリテインタイプで修復してあります。

症例2
症例


50代男性 学生の頃より蓄膿症の治療のため抜歯をされ、入れ歯を使用されていたそうです。40年間入れ歯を使用していましたが、デンタルインプラント治療によりすべての入れ歯を取り外すことができました。最近は、胃腸の調子が良いです、とおしゃられていました。

症例3
症例


60代女性 当クリニックに20年来通院している患者様ですが、歯根破折により左上の前歯と奥歯二本を失ってしまいました。歯を削ってブリッジにはしたくないとの事でインプラント治療をおこないました。奥歯の部位は歯槽骨が大分無くなっていましたので、バーチカルサイナスリフトを併用して治療を行いました。

入れ歯症例

症例1
症例
症例

70代女性 以前は保険の入れ歯を使っていましたが、違和感があり、しゃべりにくいということなので、快適な入れ歯をご提供いたしました。前の入れ歯より話しやすく違和感がないと大変喜んでおられます。

ホワイトニング

症例1
症例

症例2
症例

歯周病症例

症例1
症例

症例2
症例

症例3
症例

症例4
症例

症例5
症例

根管治療

症例1
症例

被せ物が取れた患者さんです。虫歯が残っていたので被せ物が脱離し、根の先に膿胞ができていました。当院で根の治療を行い、e-MAXクラウンを被せました。3年後には、術前にあった膿胞がなくなっていました。

症例2
症例
症例

30代女性 左上の歯にニキビのような出来物ができてると紹介で来院されました。3年前にセラミックを被せたそうです。レントゲンで確認すると前医はそんなに悪い治療とは思われませんでしたが、ニキビのようなものの所から、造影性があるものを入れてレントゲン撮影をしてみると、第一小臼歯の根の先に到達していましたので、根管治療を始めました。セラミックスを外し、金属の土台を外してみますと、根充剤の上に褐色の汚染されたものが確認できました、またマイクロスコープ下で、根の先の方にまで汚染された組織が確認でき、慎重に除去いたしました。綺麗になったのを、顕微鏡で確認したのちに根充剤を充填しました。

難症例

症例1 右上セラミックスブリッジ 左右下顎インプラント
症例
症例
症例
60代男性 半年歯科医院に通院しているが、奥歯の根の治療がうまくいかず、抜歯を勧められ、噛むところがないと転院されてきました。
当クリニックで神経のとった歯は、マイクロスコープ下で根管治療と、被せ物の治療(審美歯科)を行いました。一番奥歯は歯が割れていましたので、抜歯となってしまいましたが、奥歯の歯がないところには、上顎はミニサイナスリフトを併用したインプラント治療、下顎には、インプラント治療を行いました。術後4年経過しておりますが、問題はありません。

症例2 上顎-金属床総入れ歯
    下顎スクリュー固定インプラントとセラミックスブリッジ

症例
症例
症例
60代後半の男性 歯がグラグラして噛めないと紹介されて来院されました。
上の歯と下の奥歯の一部は間に合わず、残念ながら残りませんでしたが、残せそうな歯は、歯周補綴(クロスアーチスプリント)を行い、失ってしまった3本の奥歯には、インプラント治療を行いました。また、上顎は総入れ歯にしております。術後4年経過しておりますが、定期検診時には問題なく快適に過ごしている。とおしゃっております。


症例3 上顎コーヌステレスコープ入れ歯 下顎総入れ歯
症例
症例
症例
70代女性 当クリニックで30年前上顎にコーヌスクローネ義歯で治療をされていた患者様です。大分虫歯や歯周病が進んでグラグラしてきたと来院されました。レントゲン検査、歯周病の検査により、上顎の3本の歯牙は保存可能であると診断しました。
 上顎の3本の歯牙は、コーヌスクローネの進化した形の、パラレロコーンテレスコープデンチャー(義歯)にて治療し、下顎は、4本のインプランにて入れ歯を支えているインプラントデンチャー(義歯)で治療しました。よく食事ができるようになり、体重が増えたと喜んでおりました。

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約