【根管治療】歯を抜かずに、残す治療

「虫歯が悪化して、歯を抜くしかないといわれた」
「神経を取ったのに、痛みが取れない」
「神経を取っているのに、歯ぐきが腫れる」
「何回も根の治療をしているのに、再発してしまう」
 根管治療

歯の治療後の悩みやトラブルを訴える患者さんは少なくありません。痛みがあるまま放置していると、歯の神経が死んでしまい、歯の根の先が膿んで歯ぐきが腫れてしまいます。治療が難しくなるだけでなく、最悪、歯を抜かなければなりません。

こうした、歯の状態が悪化したときに行う治療が「根管治療」です。これは、歯科治療における「最後の砦」とまでいわれる治療で、適切な処置を行うことで、重症化した歯を救うことができます。


歯を残すための「根管治療」
壊死した歯の神経を取り除き、歯の根をキレイに洗浄・殺菌したあと、歯の寿命を引き延ばすための治療です。神経にまで達している虫歯を放置していると、最終的には抜歯をしなければなりません。こうした状況を防ぎ、ご自身の歯を残すことができる治療が根管治療です。
症例

マイクロスコープ(顕微鏡)で、より確実に治療を行う

 根管治療根管治療は歯の根の治療で、歯科治療の基礎ともいえます。歯の寿命にも影響を与える治療なだけに、再発を防ぐためにも、虫歯を完全に取り除かなければなりません。

歯の根は細くて肉眼では確認が難しく、途中で曲がったり枝分かれしたりと、複雑な形状をしています。また、一人ひとり違う形状をしているため、患者さんの根の状態に合わせた治療が必要です。医師の技術力が大きく左右する治療なだけに、根管治療を成功させるにはミクロン単位の綿密な歯科技術が求められます。

当院では、より確実な処置を行うために「マイクロスコープ」を使った根管治療を行っています。マイクロスコープとは、お口の中を拡大して確認できる高性能な顕微鏡のことです。最大で肉眼の約20倍まで拡大でき、今まで肉眼では見逃していた神経の入り口なども、簡単に判別できるようになりました。

治療ではどんなことをするの?

 根管治療根管治療の処置は、歯の状態などにより治療手順や通院期間が異なりますが、一般的には次のような流れです。

まず、歯の神経が通っている管(根管)を専用器具できれいに洗浄し、汚れを完全に取り除きます。その後、薬を充填して詰め物を被せます。なお治療前に麻酔をかけますので、処置中の痛みはほとんどありません。

根管治療の流れ
1. 感染予防のため、ラバーダムを使用して、だ液などの感染を防ぐ
2. 虫歯感染部分を専用器具で除去する
3. 治療しやすいように、神経のスペースに穴をあける
4. リーマーという器具を使い、根の感染部を除去する
5. 炎症が起きている根管の先まで薬を充填し、細菌感染を防ぐために根管内を塞ぐ
6. 根管治療後の歯は、状態により詰め物・被せ物を取り付ける

ラバーダムとは?
ラバーダムというのは、ゴムでできたシートを留め、虫歯になった歯と健康な歯を隔離し、無菌的な状態を確保する方法です。歯は体の中にありますから、歯の神経治療は外科処置にあたります。したがってできる限りバイ菌の進入を防ぎ、きれいな状態にして治療を行います。

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約