大人の矯正について

矯正治療は何歳まで受けられますか?

矯正歯科治療には年齢制限はありません。どなたでも受けられる治療です。最近では50代、60代を過ぎてから治療を始められる方も増えてきています。

また、歯並びや噛み合わせが悪いまま過ごしていた期間が長いと、歯や歯ぐきの状態に少なからず悪影響を及ぼします。特に若い頃は歯並びが良かったのに、最近になって歯がずれてきたという方は、要注意です。歯ぐきの状態が悪くなると、歯を支えていた骨が少しずつ失われてしまい、歯が動いてしまいます。

確実に言えることは、なるべく軽症の内に処置する程治療の効果は上がります。状態によっては難易度にかなり差が生じますので、まずはお気軽にご相談ください。
 

ブリッジやインプラントがあります。矯正治療はできますか?

問題なく矯正治療を行うことができますが、矯正治療で歯並びを整えてからブリッジを作り直す必要があります。

また、天然歯(治療をしていない歯)と比べて接着剤が付きにくいため、何度か治療途中で矯正装置が外れてしまう可能性があります。外れたときには再度接着剤で付け直せば問題ありません。
 

装置が目立つのが気になります。

矯正装置や治療期間を考えると、矯正治療を躊躇してしまう方が多いと思います。今や目立たない矯正装置や様々な治療方法が選択できる時代です。患者さんのライフスタイルに合わせてご希望の装置をお選びいただけます。

歯の色に近い矯正装置や透明な矯正装置などを使用すれば、あまり目立たずに済みます。まずは、お気軽にご相談ください。
 

矯正期間中に妊娠した場合は?

特に問題はありませんが、妊娠がわかりましたら、早めに担当の歯科医師にご相談ください。しかし、レントゲン写真を撮ることはできるだけ避けた方が安心です。

矯正装置を付けることにより、口の中の細菌が増えたり磨きにくくなるため、虫歯や歯周病といったお口の中の病気になりやすくなります。さらに、妊娠に伴うホルモンバランスの変化、つわりなどによる食の変化によって、虫歯、歯周病のリスクが高まります。よって、特にメインテナンスの注意が必要です。

つわりが激しい時期など長時間の診療が難しい状況や、臨月から産後までの時期に、通院が難しい状況では治療を一時中断する場合があります。
 

外科手術が必要な矯正があると聞いたのですが......

外科矯正は、手術によってあごの形を変えていきます。受け口の方の場合、歯並びはもちろん、あごの出た感じが改善されます。手術を行わない矯正治療だけでは、受け口を治すことはできますが、あごの出た感じは変わりません。

もし、あごが出ていることが最も気になっており、それを治したいのであれば、手術をすべきだといえます。受け口で食べ物がよく噛めないようでしたら、矯正だけでも良いかもしれません。
 

装置が壊れたらどうすればよいのですか?

修正しますので、なるべく早くご連絡ください。矯正装置は入れ歯などと異なり、耐久性を求めることが目的の装置ではなく、矯正治療期間内にだけ効果を発揮する器具です。そのため、治療中に壊れてしまう可能性があることのご理解をお願い申し上げます。

いずれにしても装置が壊れた、外れた場合は、なるべく早くご連絡ください。次回のお約束日にでも大丈夫な場合と、至急修正する必要がある場合がございます。

まずは状態をお聞きいたしますので、必ずご連絡ください。
 

矯正治療では抜歯が必要だと聞いたのですが......

治療上必要があれば抜くことがあります。

できる限り歯を抜かないで治療をしたいと望むことは、矯正医も患者さんも同じ気持ちです。あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪い場合、あごの大きさを横に拡げ、歯を後ろに動かすことで隙間を作ることができれば、歯を抜く必要はありません。

しかし、隙間を作れない場合や、口元が前に出ていることを改善したい方は、抜歯が必要な場合もございます。

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約