子どもの矯正について

矯正歯科治療を始める時期はいつが最適ですか?

一般的な矯正治療を始める適齢期は7~12歳頃です。前から数えて7番目の永久歯にあたる、12歳臼歯の歯根が2/3ほど完成する時期に相当します。

今後どのような治療が必要かを知ることが大切
歯並びが悪くなる原因、あるいは状態や症状は一人ひとり異なるため、治療開始時間も一定ではありません。一般的には、お子さんのお口の中の状態を見ながら、適切な時期に治療を始めます。生活習慣上のちょっとした工夫でも、先々のお子さんの「歯」への影響は大きいです。また、今後どのようなタイミングで治療をしていくべきかのプランをこの段階で持つことは、一生使い続けていく「歯」にとってはとても大切です。

早い時期からご相談いただければ、適切な治療開始時期を見極めることができますので、ぜひ一度ご相談ください。
 

子どもの頃から矯正治療を始めるメリットは?

●あごの成長のバランスを整え、美しい顔立ちに導くことができる。
●永久歯を抜かずに治療できる可能性が高まる。
●永久歯での矯正期間が短くなる。

早期治療により正常な発育を妨げる歯並びや癖を改善し、あごやお顔の成長のバランスを整えます。また、放っておいた結果、外科的な手術をしなければ治らないようなケースを回避することができます。

幼い頃から自分の歯のことを知り、正しくケアをすることにより、健康な歯を維持できるようになります。
 

子どもの治療の流れについて教えてください。

子どもの矯正の場合、初めからワイヤーの装置を着けて治療をスタートするわけではありません。小児矯正は大きく、次の2つのステップに分かれます。

ステップ1/第1期治療(学童期)
この時期は、成長とともに状態を悪化させる要因を取り除き、その後の成長発育ができるだけバランスのとれたものとなるように軌道修正をする期間です。第1期治療が良い結果になると、第2期治療では永久歯を抜かずに治療ができる可能性が高まります。

ステップ2/第2期治療(中学生以降)
大人の矯正と同じです。上下すべての歯にブラケットを装着し、全体の噛み合わせを改善し、仕上げます。※初診時に永久歯が生え揃っている方は第2期治療からとなります。
 

骨格的な受け口はどのようにするの?

上あごの成長を促進させる装置を使う
骨格的な受け口と診断された場合、まず成長の弱い上あごを余分に成長させるために、前方へ引っ張る装置を利用します。それと並行して上の前歯の角度を唇側へ傾け、上の前歯が下の前歯の外側に出るようにします。下あごと上あごの前後的バランスが取れるようになるまで、成長の促進をさせることが今後の安定につながります。

見た目の歯の位置が正しく見えても、レントゲン上での骨格の前後的バランスのチェックが重要です。

下あごの骨格形成がどこまで進むか?
成長途中の下あごがどこまで大きくなるのか、現在の医療では判断できません。つまり、完全に骨格の形成が終了するまで(個人差はありますが、確定できるのは成人する頃まで)、あごの前後的な位置は確定しません。それぞれのあごの骨の中にある歯を並べても、土台となる骨格がずれてしまえば、噛み合わせが合わなくなってしまう可能性があります。

特に幼少期に骨格的な受け口であったお子さんの場合、DNA上の情報に従って骨格は形成されるため、そのお子さんは元々下あごが大きめに形成される可能性が高く、一時的に見た目が改善されても、その噛み合わせで成人後も安定するかはわかりません。

将来手術が必要な場合もあります
最も心配なケースは、体の成長は止まっても下あごのみ前方へ成長する場合があることです。このケースはDNA上の異常によって起こりますが、成長しなければわからない病気です。残念ながらこのケースに該当すると、成人後に下あごを小さくする外科処置を受けないと前歯が噛み合わなくなってしまいます。

中学生、高校生の時期になって、徐々に下あごだけが前方に出てくるようであると、将来手術の可能性が出てきますので、基本的には下あごの成長が止まるまで経過観察となります。
 

矯正中の虫歯予防はどうしたらいいですか?

矯正装置がお口の中にあると、慣れない内は歯磨きに苦労します。それが原因で虫歯になるお子さんも少なくありません。

矯正治療を始める前には歯科衛生士によるブラッシング指導を行い、歯磨きのコツを丁寧にお教えいたします。さらに1か月に一度、磨き残しがある場所を丁寧にお掃除し、フッ素塗布や歯の表面のコーティングを行っております。

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約