«  2018年3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年3月31日


こんにちは


春ですね🌸

お花見はしましたでしょうか🍡


わたしは今年は行けなかったです😢

いつか大人数でわいわいやってみたい気がします🌸

今回は、新たに食育の本がはいりました

IMG_0069.JPG

お子様のための食事について書かれています

むしば予防はもちろん、ごはんを食べない子についてどうやって
食べさせるかなど、とても参考になる内容です✨

こどもの食育についてのキーポイントは、

「3歳までの食生活が重要!!!」


3歳まで甘いものをできるだけ与えない生活をすると、

味覚の幅が増え、いろんな食材を食べれるようになるそうです😉

とは言っても子育てってマニュアル通りにいかないですよね💦


でも親御さんの意識が少しあるだけで


変わることもあるとおもいます😉


ご参考ください!かわいい!😍

IMG_0070.JPG

2018年3月 6日

こんにちは!!( ^ω^ )


もう3月になりました。そろそろあったかくなってきたような??🌸


毎年のことながら花粉が辛いです💦😲

本日は雑誌【婦人画報】にて歯科に関して特集されてたのでご紹介しますね🌸

オーラルケアについてです

当院で最も特化してケアしているむしば、歯周病予防についてですね

IMG_0063.jpg


IMG_0060.JPG


当院にもおいてある商品が掲載されていました✨

IMG_0064.JPG


IMG_0062.JPG

このようにメディアなどで予防歯科について取り上げてもらい、
セルフケアの重要性が広まっていけばいいなと思いました✨


雑誌は当院の待合室にもおいてありますのでぜひご一読ください✨✨


2018年1月20日


おはようございます♪(´ε` )


インフルエンザ流行ってますね💦


わたしたちも予防接種受けました💉

けっこう痛かったです(´Д` )

注射したところが腫れたりする人もいました💦


人によって体質って全然ちがいますね😦


本日はこんな記事をみつけました


40歳以上の8割が歯周病患者...認知症や脳梗塞の原因にも?1ページ


40歳以上の8割が歯周病患者...認知症や脳梗塞の原因にも?2ページ


大事なことが記載されてます


歯周病と認知症の関係や歯医者の選び方、入れ歯をしっかりいれておかなければならない理由など、患者さんに改めて意識してもらいた内容になっております。

さて、本日は長年通院していただいている患者様のご状態をお伝えします!
平成4年にはじめていらした方です。

初診時
平成4年(58歳)
148_2009.05.20_L001.jpg

0000000_2018.01.23_L040.jpg


ここから定期的な通院をし、ご自身でのブラッシングをがんばって頂きながら26年たちました。現在84歳です。


平成29年(84歳)
148_2017.10.25_L212.jpg

0000000_2018.01.23_L043.jpg


抜歯になってしまった歯は1本で、あとは全部ご自分の歯です。入れ歯もありません。
お身体も健康的で元気に過ごされています。
歯があるかないかによって健康か否かも関わってきますし、
上記の記事のとおり残っている歯の本数と認知症などにも関係があることがわかってきています。

どうか、ご自分の歯をいつまでも保つということを日々意識して生活して頂きたいと思います。


2018年1月 6日


あけましておめでとうございます‼️😆🎍✨✨🎍🌅

今年も何卒宜しくお願い致します‼️

昨年は、顎関節症の治療に注力していきました。

むしばの治療や根の治療をして被せ物をする前に,

まずは顎の位置を正常にすること

に目を向けて治療を進めていきました。

調べていくと軽度〜重度も含めかなりの方が顎関節症の診断がつくことがありました。

その為、期間や回数も増えてしまうようになり患者様の負担も大きかったと思います。

なかなか自覚症状がない方には、
「まだかかるの?」「そこまでやる必要があるの?」といったお声もありました。

ですが、みなさんが歯医者にくることになった理由
「歯が痛い」
「噛むと痛い」
「歯がわれた」
「被せ物がとれた」etc...

これらの症状は単にむしばだけが原因ではないのです‼️

あらゆる視点から着目していき、根本的な顎の関節からの治療を行うことで

治療後の経過も変わっていきます。


顎関節の治療、歯にとって大事な治療であることを念頭にこれからもご協力ください。


そこで昨年の症例を一つ

初診時
775_2014.09.11_L001.jpg


顎の関節の動きを記録していきます。

775_2016.12.08_L114.jpg


顎の位置を正常にした上で、被せ物(補綴)の治療をしていきます。


775_2016.12.08_L107.jpg


775_2016.12.08_L098.jpg


前歯を被せる場合、上の前歯は下の前歯を被い、下の前歯は切端が上の前歯の裏側に軽く当たる状態が良いそうです。


775_2016.12.08_L106.jpg


審美的にも機能的にも適応したセラミックの被せ物が完成しました。

2017年12月 7日

おはようございます😝

師走になって寒さが厳しくなってきました。インフルエンザも流行ってきたようです!!

インターネットでこんな記事があったのでご紹介します!

https://allabout.co.jp/gm/gc/401319/

https://allabout.co.jp/gm/gc/401319/2/

https://allabout.co.jp/gm/gc/299602/

歯医者あるあるですね💦

ぜひ参考にしてみてくださいね😂

2017年10月 6日

こんにちわ!!


今日はマイクロスコープでの根管治療の症例をご紹介致します!!


以前通院していたところで前歯の治療を行い被せ物をされていたのですが、、、


根の治療をされた際に、歯の根の先に穴があいていたようです。


穴があいてしまうと歯を支えている骨まで細菌が入り、骨を溶かしてしまい歯を支えられなくなってしまうので、穴を塞ぐ必要があります。

そこで今回のケースではMTAセメントを使用しました。


根管に穴があいたときに塞ぐことができるセメントです。

出血があっても水分を吸収して固まるので、根管内を無菌状態にして密閉することができます。

難しい根の治療ですが、顕微鏡を利用することで思わぬ状況でも打開し、治療の質を
保つことができると思いました。

66_2017.10.05_L260.jpg

66_2017.10.05_L262.jpg

66_2017.10.05_L264.jpg

2017年10月 1日

こんにちは武内歯科医院です。
 だいぶ経ってしまいましたが、9月17〜18日に、P.G.I(Practical Gnathology Insitute)の熊本研修会にインストラクターとして参加してきました。16日の診療後熊本に飛行機で向かう予定おりましたが、あいにく台風18号のため、欠航となってしまい、急遽新幹線で熊本に向かうこととなり、最終電車ギリギリで熊本入りとなりました。

IMG_3263.jpg

 翌日、台風の中セミナーは開催されました。終日インストラクターとして指導等のお手伝いをしてきました。また、翌日18日最終日には、顎関節症のスプリント療法について講演をしてきました。
IMG_0162.jpg

2017年9月29日

こんにちは〜久しぶりの投稿になりました(⌒-⌒; )

秋になってきて過ごしやすくなりましたね!!実は秋が一番好きです🍁

先日、親知らずを抜歯することになって、うちの医院では抜けないので総合病院へいきました!!そしたらなんと入院することに!!!(◎_◎;)

人生初の入院でした💦でも、わりとすぐに終わったのでホッとしてます😌

実は静脈鎮静といった種類の麻酔を使用して、ウトウトしているような状態で行ったので、全然緊張や恐怖心などありませんでした😌

眠っているような状態で、あっという間にオペが終わった感じです!


当院でも今日はインプラントのオペがあり、そのような状態にする麻酔を、麻酔科の先生にお越し頂いて行いました。患者さんの負担が少なくていいですね。

インプラントオペの様子です✨
0000000_2017.09.29_L037.jpg


0000000_2017.09.29_L038.jpg

わたしの親知らずもその後あまり腫れずに済みました( ´ ▽ ` )
やっぱり痛くなる前に対処するのが重要ですね!!!

2017年8月22日

こんにちは!ず〜っっっと、はっきりしない天気が続きましたが、ようやくお日様も顔を出す様になりましたね。

さて、ブラッシングは大人だけでなく、お子様もしっかりしなければなりません。

1029_2016.08.24_L001.jpg

1029_2016.08.24_L012.jpg

汚れを染め出してみると、

1029_2016.08.31_L015.jpg

1029_2016.10.04_L020.jpg

前歯、大人の歯がせっかく生えてきたのに、、

1029_2017.05.24_L034.jpg

こうなってしまうと、残念ですよね。。。

これから、おじいちゃん、おばあちゃんになるまで、長く使う歯です。子供の頃からしっかりブラッシングの方法を身につけることは、とっても大切です。

2017年8月17日

こんにちは!最近梅雨が逆戻りしたようなお天気が続きますね。

お口の中のトラブルは、虫歯や歯周病などが挙げられますが、これらはお口に中の細菌によるものとなります。

歯科治療はこの細菌との戦いとなる訳で、虫歯を削るということは、徹底的にそこから菌をとっていくことになります。虫歯が残ってしまえば、治療が終了した後また再びそこから虫歯になってしまうからです。

その為に、当院では色々な方法でアプローチしているのですが、その方法として、、

791_2017.08.17_L037.jpg

このような虫歯を染め出す液も使用しています。

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

武内歯科医院 院長 武内清隆
武内歯科医院
http://www.takeuchidental.
com/

院長 武内清隆

こんにちは。武内歯科医院の武内清隆です。
私が目指しているのは、患者さんと真摯に向き合う治療です。患者さんのご要望を満たし、症状に合った治療ができなければ、ベストな治療とはいえません。治療の精度は予後にも大きく影響してきますので、私たちは、常にこだわりを持ちながら治療に挑んでいます。
患者さんにとってベストな治療を行うために、マイクロスコープなどの最新機器を導入しています。飽くなき探求心とこだわりを持ち続け、常に全力投球で治療に挑み続けます