"患者さんにベストな治療を"常に探究心を持って全力投球

こんにちは。武内歯科医院の院長・武内清隆です。
 院長あいさつ

患者さんとお話ししていると「歯の治療は、どこの歯医者さんも同じですよね」という質問をいただくことがあります。しかし、「歯や口腔内環境は一人ひとりの個性と同じで、それぞれ異なる」ことを知っている、我々、歯科医師から見ると、実は、同じとは言えません。

歯の残存数、過去の治療歴、歯並びや咬み合わせ、歯ぎしりや咬合の強さ、生活環境や生活習慣、唾液の性質や細菌の量など、その他にも、治療に当たって私たちが考慮する要素は多くあります。

これらを考慮し、さらに治療後10年先、20年先の予後を考えて治療を行っていく歯科医療には、学識や診断力、手技や治療設備、経験や構想力、患者さんの背景や要望をじっくりと傾聴するコミュニケーション、そして、「真摯さ」という仕事姿勢など、歯科治療に違いを生む要因は多く存在します。

これらの事を念頭に置き、私たちのクリニックでは「常に、患者さんと真摯に向き合う治療」「常に、ベストは何かを追及する治療」に挑んでいます。

私たちは、平均的な日本人が60歳以降多くの歯を失っていく中でも、当院に来院した患者さんは60歳以降も歯を失わず、一生涯自分の歯で、快適な人生を楽しめることを願い、マイクロスコープなどの最新機器の導入や最新技術の習得をし、飽くなき探求心とこだわりを持ち続け、常に全力投球で治療に挑み続けます。

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約