顎関節症の治療方法(咬合調整/スプリント療法)

顎関節症は、症状によって治療法が異なります。自宅でもできる簡単改善法もありますが、顎関節症は慢性化しやすく、逆に悪化させてしまう危険性もあります。お早目に診察を受けて医師の下で治療していくことをお勧めします。

咬合調整
咬合調整とは、歯を削ったり、または歯を高くしたりしてかみ合わせを合わせて顎を治す方法です。元々の顎の位置が正常で、歯の欠損などにより咬み合わせが悪くなり、そのために顎関節症になっている場合は、歯を治療することが重要です。

咬合調整咬合調整
規格写真をレントゲンで撮影して顎関節の動きを調べます。

スプリント療法
スプリントとは顎関節症治療用のマウスピースのことです。このマウスピースよる治療法をスプリント療法といいます。スプリントには様々な種類があり、治療によって使い分けられています。
治療の進め方は、透明の樹脂でできたスプリントと呼ばれるマウスピース状の装置を着け、噛み合わせを調整しながら、関節円板を元の位置に戻したり、噛み締め時の顎関節の負担を軽減したりできます。場合により鎮痛剤を処方し、顎関節の炎症を抑えることもあります。

スプリント療法スプリント療法

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約