矯正期間中に妊娠した場合は?

特に問題はありませんが、妊娠がわかりましたら、早めに担当の歯科医師にご相談ください。しかし、レントゲン写真を撮ることはできるだけ避けた方が安心です。

矯正装置を付けることにより、口の中の細菌が増えたり磨きにくくなるため、虫歯や歯周病といったお口の中の病気になりやすくなります。さらに、妊娠に伴うホルモンバランスの変化、つわりなどによる食の変化によって、虫歯、歯周病のリスクが高まります。よって、特にメインテナンスの注意が必要です。

つわりが激しい時期など長時間の診療が難しい状況や、臨月から産後までの時期に、通院が難しい状況では治療を一時中断する場合があります。
 

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております

オンライン予約